親方から

2016年9月18日 (日)

ブログ移転のお知らせ

たぬブログをご愛読いただきありがとうございます。

9/15からサイトとブログを移転しました。
今後は以下でご覧ください。
よろしくお願いいたします。

2016年7月23日 (土)

三色よりテンパイ速度優先

Ws000001

みなさん新津です。
このところ調子悪し。あったかくなると調子がよ
くなると書いていたのに??暑すぎるのかな(笑)
今回の手牌です。何切るにだした問題です。
Ws000062



東場南家5巡目。ドラは⑤で⑦を引いた手牌です。
私の答えは七切り。
5切りが一見広そうにみえるが、実は七切りの方が広い
んです。
七切りのロスは八だけで4枚、5切りは25の5枚なんです。
しかも最後の5は赤ですからね。
それも大事なんですが、この手のキモは、なるべく早く
白と九のシャンポンでリーチをかけることなんです。
まぁ経験則からいって、この手牌からの、現実的な最終
形のベストですね。
Ws000063

もちろん七切り後、六引いて、三色逃したよなんてオチ
もよくありますが(笑)
そんな意味で七切りを推奨しました。
それではみなさんまた「たぬ新宿店」でお会いしましょう。


2015年8月13日 (木)

近代麻雀のコラム税金1

私の税務署通いは、この夏で丸
4年になりました。
 未払いの税金を毎月少しずつ払
ってきました。
 払っている金額よりも、延滞金
が増えるほうが大きいので、永久
に借金は無くなりません。
 サラ金地獄と同じ税金地獄です。
「山崎さん、どこかで借金して払
ってください」
「税金が払えないヤツに金貸すバ
カはいませんよ」
「いつでも差し押さえできますよ」
「どうぞ。できれば商売と生活を
破綻させない資産にしてください」
 続けて、
「その前に、違法な調査に基づい
て、違法な徴収をした分を返して
ください。それで払います」
 こうした交渉は、普通税理士や
弁護士に依頼するのが普通ですが、
私は自分でやってます。
 専門家は落とし所を探るのが仕
事なので、私のように
「全部返せ。中途半端なのは要ら
ない」」
 というのはやってくれないんで
す。
 もし依頼するのなら、高額な成
功報酬で、なおかつ勝てる見通し
があること、またある程度の正義
が必要です。
 私の案件は、これらがまったく
ないので、引き受ける人はいない
と思います。
 私が払った税金は戻ることにな
り、一部は未払い金に充てられて、
私の借金は無くなりました。
 どんな借金も、発生現場で食い
止めてください。
 見栄をはって、他から借金をし
てはいけません。
 借金取りは命まで(普通は)取
りません。
 自分で差し出すのはやめましょ
う。

2015年6月20日 (土)

近代麻雀の今週の私の記事は「降りは腕と辛抱」です。

一部ご紹介。
 ベタオリするのは、基本的にリーチを受けた時だけ。
 テンパイしてるという確実な情報があるんですから、不確定な推理の中で戦っている麻雀では、特殊なケースなんです。
 勝負手なら別ですが、そうでなければ、たとえ中抜きでも現物を切りましょう。
 スジは安心できません。なんせ棒テンの時代ですから。ドラソバは後スジになっても、本命同等の警戒です。
 ベタオリですから、他家も警戒して直近の現物を切るのが大事です。
 手牌が短くてもあまり心配しなくてもだいじょうぶです。
 巡目にもよりますが、自分のツモのうち、半分くらいは安全牌が来てくれるし、 リーチ者のツモ切りや他家の勝負で安全牌は増えます。
「1枚通れば3枚通る」 というアンコ落としも有効ですが、「次は安全牌が来そう」 と思えば、アンコよりも安全そうなのを1牌切るのもアリです。
 それが続くようならかなりピンチですね。
 降りで一番重要なのは、実は技術よりも辛抱なのかもしれません。

2015年3月28日 (土)

近代麻雀SP発売中。

Ws000002

「フリー雀荘、裏テクニック」の小冊子付きです。
私のコラムの一部を紹介します。

Ws000003

全自動卓でもできる拾いという
インチキをする
初老の男性がいました。
他家の捨て牌から、欲しい牌を
拾う手口です。
通しと並んで、今でもごく稀に
あります。
昔のイカサマに比べると、効果が
小さいので他も組み合わせたりします。
ノーテンをテンパイと宣言したり、
点数を大目に申告したりなどです。
やんわりと忠告したら、来なく
なりました。
雀荘でもし怪しい行為を目撃したら、
自分で直接言うのではなく、店の
人に言って貰ったほうがいいです。
そのほうがトラブルに発展しません。
大ベテランの麻雀プロ(10万回以上)の
久保谷寛さんによると、グルで通しを
やる麻雀打ちは、カブせ
というイカサマを併用すること
が多いそうです。
客と仲間が2軒リーチの時など、
ロン牌をすり替えるんです。
たまたまオナテンなら、ツモられて
しまいますけどね。
これをフリーでやって上手くいっても、
半チャン1回1人当たりの稼ぎは、500円に
なりません。

2015年3月20日 (金)

九連は先に258がアンコになると、まず無理です。
(ノーテンとフリテンにしないで)
Ws000004

5sがアンコの状態に1s引きで無理。
Ws000006

冒頭の形に先に9sを引くと、普通は8s切り
ですが、うっかり5sを切ると下図。
Ws000007

本来ながアガリの1sを引いて、九連の
テンパイです。(間違いや別パターンなど
あれば教えてください)
Ws000008

2015年2月20日 (金)

鳴いてマンガンのつもりが、メンゼンで倍マンになりました。

345の三色かなと思ったんですが、
Ws000003

タンヤオと567を目指しました。
Ws000005

3s残しが無駄かなと思ってたら、裏目の3mを引いて

3s切り。ツモ7sで3m切り。
Ws000006

Ws000008


Ws000009


Ws000010
裏目の3mを逃したおかげで高くなりました。


2015年2月12日 (木)

今週の近代麻雀のコラムはブラック企業大賞。

Ws000003
(西原理恵子さんと私の記事の一部です)

「うちの会社はブラック企業だと思う」
 現在、働いている若者の3分の1くらいが
そう感じているそうです。
 先に書いたように、昔からそういう職場
はたくさんあったんですが、ブラック企業
という言葉が無かっただけです。
 その時代ごとに、会社ごとに個人ごとに、
状況を切り抜けていくしかありません。
 そのひとつがアサーションです。正確な
日本語訳は知りませんが
「穏やかな自己表現」
「相手の立場も考えた自己主張」
 などと紹介されています。
 納得のいかない待遇を改善して欲しい
時は、信頼できる上司に相談してみましょう。
 上司も同じ悩みを抱えていることが
多いし、実は社長もそうだったりします。
「ブラック企業大賞なんかに、
ノミネートされたくない」
 給料を上げてくれというのは、正当な主張で
すが、仕事の内容を変えない限り、上がりません。
 何をどうすれば、どう待遇が変わるのかを
教えてもらいましょう。
 ただし、違法な残業代未払いが続く
ようなら、会社も自分も継続できないので、
早めに辞めたほうがいいと思います。

2014年12月22日 (月)

本日の浮かし打ち&ダマ正解

私がダントツの親で2人トビそう。
2着とは25000の差なので、一応警戒です。

Ws000006


Ws000007


Ws000008

理想の3メンチャンですが、ダマテンにしました。
高めツモなら2人トビです。
Ws000017
「ロン!」1sツモ切りで、2着目にマンガンの放銃でした。
Ws000009

2着目の方は、ワキを飛ばさないようにしながら、
私を直撃するためにダマ。見事的中です。
私のほうは「リーチしなくて良かったあ」です。
おそらく追いかけられて、ハネマンの放銃でした。
数少ないダマテン正解でした。

2014年12月15日 (月)

今週の近代麻雀のコラムは、第二期最強位小島武夫プロ(一部)

「女子プロの隆盛も
小島プロによるところが大きい」
 小島武夫プロは、日本プロ麻雀連盟(森山茂和会長)
の最高顧問ですが、初代会長だった頃に、女子プロを
育成した功績は大きいと思います。
 女子プロの第一世代である、浦田和子さんや高橋純子
さんを勧誘し、人気女流プロに育てたんです。
「小島先生たちって酷いですよ」
 今年の春にお会いした、現在秋田市在住の高橋純子さんの
述懐です。
「私は当時ある出版社に努めていたんですけど、
ある晩小島先生に酒場に呼び出されたんです」
 どうやら博多時代と変わってないようです。
「そしたら、先生や伊藤優孝さんたち数人がいて、
まるでヤクザみたいなんですよ」
 わかるわー。
 その場で連盟のテストを受けることを約束させられて、
半ば強制的にプロにさせられたそうです。
「ボクは運がいいんだよ」
というのはここでも発揮されてます。
浦田プロや高橋純子プロが、超売れっ子になったのは
もちろんですが、実は高橋純子さんは、それまでゲームの
開発も手掛けており、麻雀ゲーム(極シリーズ)の
一大ブームを作ったんです。
 ゲームには小島武夫プロや井出洋介プロが登場し、
麻雀プロの収入と知名度を上げてくれました。
 運もあるんでしょうが、先見の明もあると思います。
 日本プロ麻雀連盟は、その後麻雀格闘倶楽部やロン2
などと提携し、多くのファンを獲得しています。
「ボクは運がいいんだよ」
「小島先生たちって酷いですよ」
 どちらも本当だと思います。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック