« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月25日 (土)

新津潔プロのブログ。本日(土)は新宿店のゲストです。朝9時より。

Ws000001

みなさん新津です。
なんか少しずつ調子が上がっている感じの今日この頃です。
Ws000007


8巡目ぐらいのものです。
現在トップ目で南2局になっていました。
ドラは⑧で北は安全牌。
そこに下家のオヤが西をアンカンしてリーチ。
私は直ぐに⑨をツモって、当然安全牌の北切り。
さらに3巡安全牌でツモ切り。
その間に56が通り、47も4が4枚
7が2枚出てしまいました。


ツモがあと3巡となったところでツモ⑤。
Ws000008


56は出きり、後2枚の7は必ずヤマにいそうなので
ここは⑨勝負かなと思いましたが、、もう少しで流局
なので赤5切り。

次のツモはなんと7。
でもまぁ⑨は嫌だよねと納得させてツモ切り。
で次のツモは②打6。手牌は


Ws000009



そう満更でもない思いの後、直ぐに下家のオヤが
⑤をおいて「ツモ」。




Ws000010


うーんどうなんですかね!
あの⑨はやはり勝負なんですかね?
結局オヤリーチはウラがあり4000オールでまくられ、
その後も連荘され2着になってしまいました。

悔やまれる一局でしたが、あの⑨は打たない方が正解だと、
今でも思いたいですね。
それではみなさんまた『たぬ新宿店』でお会いしましょう。

2015年4月18日 (土)

ホンイツは狙う価値がある

Ws000001




みなさん新津です。
今年はいつになく、役満を見ることが多いです。
アガり・放銃・ツモられ・横移動と10
回ぐらいはあるんじゃないかな。
自分の経験から言えば異常に多いですが、
みなさんはどんなもんですかね?

今回の手牌なんですが、先に何切るで使ってみました。
Ws000003


この手牌、私の実戦譜です。
東1局で南家の配牌です。
ドラが一、ここに第一ツモが発で、何を切りますか、です。

一番多い答えは中切で、5・白・三は同じぐらいだったと思います。
いやー、いろいろ参考になりますね。
白や中は私も候補の一つでした。この差は発が2枚見え
ている裏ドラ効率ですね。

私は5を切りました。西や5から仕掛けるいう意識が
ほとんどないからです。この辺は
雀風というこで勘弁してください(笑)
想定してたのは、ホンイツか赤2枚使いですね。
まぁ私には2000点はありえないですね。

最終形だけお見せしますね。

Ws000005

ツモ二。 

うまくいきました!
もちろんただの結果なので、
これが正着だなんて思っていませんよ(笑)
それではみなさんまた『たぬ新宿店』でお会いしましょう。

2015年4月11日 (土)

新津潔プロのブログ。危機一髪。

Ws000001

みなさん新津です。 このところ少しずつ
回復中です(笑)
123月はイベントも多く、あまり出勤できま
せんでしたが、
今月あたりから土曜日はフ ルに入れそうなので、
よろしくお願いします。

Ws000003

東場で南家が図のように仕掛
けました。 捨て牌が

Ws000004
発ポン打四です。
とても違和感がある2巡目の白。
多分ですが白も南も手出しです。
南家の南ですが・・・ 以下どちらでも
Ws000005

Ws000006

南の方が先に切りそうです。
どんな形から切ったんですかね! 発ポン後のすぐの
ツモで私(西家)の手牌

Ws000007
五を切ればピンフの
聴牌ですが、オヤの9に合わせて9切り。
あの白がなければ五を切ったと思います。
三巡後二をツモって開けらた手牌は

Ws000008

やっぱり白はカンコだったんですね。
それではみなさんまた『たぬ新宿店』で
お会いしましょう。

2015年4月 4日 (土)

不調な新津潔プロのブログ。

Ws000001
皆さんこんにちは、もう何度も書いているので
いやになりますが、本当に調子悪い新津
です(笑)
今日の1局も反省だらけのものです。


Ws000005


10巡目の手牌です。
ドラが⑤で、勝負手ですね。47がション牌で
信用が置けなく、まぁ三アンコもあるの
でソーズはアツく持ちたいところです。
もちろんメンゼンでなくてもよいと思ってました。
場況なんですが、オヤがファン牌ポンで
マンズのホンイツ模様。前巡に八を手だししま
す。

ここにツモ六で


Ws000006


やはりオヤが怖いので、マンズの伸ばしやチートイツも
考えましたが、結局は楽な形の
アガりをもとめてツモ切りました。
これがオヤのホンイツ白赤の三六に刺さり、12000。
これはさすがに酷いですね!
いくら焦っていてもやはりいただけません。
しっかり5を切って


Ws000007



とすべきでした。
この放銃を一瞬でも不調と思ったらいけませんね。
だだのミスです。
それでは皆さんまた『たぬ新宿店』でお会いしましょう。

2015年4月 2日 (木)

オーラストップ目、リーチの選択は #麻雀 #村上淳プロ

Murakami

3月26日(木)、高田馬場店に行ってまいりました!!

ここ2回めちゃくちゃ好調だったのですが、今回はどうでしょうか… 早速成績です。

ピン
32331111
プラス12000P
(トータルプラス586000P)

今回もかなり好調でした!

さて今回は微妙な選択をひとつ。半荘4回目、オーラスの親で39000点持っているトップ目で、下家の南家とは約7000点、トイメンの西家とは約11000点差でした。

8巡目、こんな手になりました。

20150402_1

絶対にトップを取らなければならないのであれば、リーチでいいと思います。少しリスクがあるとはいえ、2着目や3着目から三六萬を打たれ、そこにまくられるパターンが最悪だからです。

しかし今回は自分が親で8巡目、下家は1300・2600か8000条件、トイメンはマンガンツモかハネマン条件。流局でトップとなると、少し話は違うと思うのです。

簡単に言うと、ベタオリすれば2着以上は確保、条件をクリアされなければトップ。リーチをしなくても、かなりトップになるパターンはあるのです。

リーチ棒を出すと下家の条件は1000・2000に下がる上、トイメンにマンガン以上を放銃すると3着まで落ちるのです。待ちは普通のリャンメンですが、リーチすることでベタオリの選択肢をなくすのは少し損な気がします。

にもかかわらず、実戦では結局即リーチ。一発や裏のご祝儀も加味すると即リーチかなと…

結果は最悪。終盤にトイメンの西家に追いかけリーチをくらい、マンガン放銃。トップから3着になってしまいました。

結果が悪かったから後悔しているだけでは!? と思う方もいるでしょう。これが六九萬待ちならば全く後悔はないのです。8巡目、36・47待ちでドラと赤なし。今回のケースはその待ちに自信がない限りダマテンが正解だと思います。ちなみにこのとき三六萬は場にゼロ。これが東パツだったりこの点差でなければ、親の先制リーチでなんの問題もないです。

こんな失敗をしてもその後4連勝。なんだか恵まれすぎてます!

近況報告です。ビッグワンカップ、最強戦予選、日本オープン、全て負けてしまいました… そろそろ「村上イヤー」も終わりですね(>_<)

次は4月14日(火)、神保町店へ行きます!!

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

最近のトラックバック