« 秋田県麻雀選手権 | トップページ | たぬの遠足 »

2013年11月15日 (金)

 #麻雀 ニューヨークの雀荘経営者と麻雀研究者 

「親方と打ちたい」という要望で、神保町店で本走。私のトップが確実に見えたんですが、なんと「リーチ・イッパツ・ツモ・四アンコ・赤1」で大逆転されてしまいました。打ちたがるハズです。
「親方と打ちたいというお客さんが、高田馬場店に来てます」という連絡を受けて、神保町店から急行しました。

2013y11m14d_182740046

おお、旧知の麻雀研究者ベンジャミンさん(中央)じゃないですか。ニューヨークで雀荘を経営しているディビッドさんと一緒です。その日シフトに入ってた、女子大生クルーは、どうやらその雀荘を訪ねて行ったことがあるらしいです。(休業日だった)
「親方はこの時間に店にいるんですか?」「夜22時から閉店時間の25時までは、だいたい高田馬場店にいますよ」「ワタシは今近くに住んでるので、また来ます」
私の近著「迷って選んだ答えは必ず間違い」(竹書房)をプレゼント。

« 秋田県麻雀選手権 | トップページ | たぬの遠足 »

親方から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213405/58577522

この記事へのトラックバック一覧です:  #麻雀 ニューヨークの雀荘経営者と麻雀研究者 :

« 秋田県麻雀選手権 | トップページ | たぬの遠足 »

最近のトラックバック