« 東京新聞 | トップページ | ☆麻雀大会☆ »

2011年10月17日 (月)

親のチャンス手、微妙な第1打

皆様、こんにちわ!!
すっかり秋めいてまいりましたね!!
最高位村上です。

10月19日(水)から、第36期最高位決定戦が始まります。
10月5日に挑戦者3人が決まるのですが… すでにだいたい決まっている感じです。最終日に大逆転はあるのでしょうか?
詳しくは「最高位戦ホームページ」をご覧ください。

※管理人注:この原稿執筆後、挑戦者3人が決定しました。

<最高位戦36期Aリーグ>
1位 佐藤 聖誠プロ
2位 石橋 伸洋プロ
3位 曽木 達志プロ


それでは9月23日、高田馬場「新たぬ」でのゲスト成績です。

231124224
プラス8000P
(トータルプラス350000P)


成績のわりにプラスしているのは、半荘3回目に6000オールの5枚、半荘9回目に8000オールの4枚をツモったからです。

…半荘9回目がラスになっておりますが……

東パツに8000オールをツモって、危うく飛びそうになりました…。
完全に調子に乗って攻め過ぎた結果で、ここ半年で一番ひどい半荘でした。こんなんじゃラス率16.6%なんて夢のまた夢ですな…… 猛反省中です(>_<)

さて、今回は3回戦の6000オールが微妙だと思ったので紹介します。
ハイパイは以下の通り。

20111017_1

赤入りメンツを含め2メンツ、アタマ、さらにリャンメンがある大チャンス手。2ソウか3ソウを引いてイーシャンテンになるよりも、中を引いて1ピンとのシャンポンリーチをイメージして、打1ソウ。

…決して間違いとは思いませんが、中は残りたったの3枚、123ソウは残り11枚。裏目を引く可能性が高いのは言うまでもありません。

ま、1ソウ引きや2ソウ引きは嬉しくないのでやっぱり微妙ですが…

次巡、3ソウを引いて打中、さらに次巡ツモ2ソウ!!
打二萬……

20111017_2

3巡目にして見事なフリテンのイーシャンテンに。
次巡、ドラの8ソウを引きました。

20111017_3

フリテンの14ソウとドラ表示牌に1枚見えているカン7ソウの比較ですが…

ここは迷わず打6ソウ。

自分で切っているとはいえ、3枚残りと7枚残りは大差です。基本的にリーチツモを目指しているので、早い巡目のフリテンはあまり気にしません。自分で切っていようがいまいが、ツモ確率は一緒ですからね!

てなわけで先に三六萬を引いた場合、自信満々にフリテンリーチをしようと決めていたのですが…

次巡ツモ1ソウ!!
フリテンも解消し、普通の赤1リャンメンリーチ。
しかも5巡目、親(^.^)b

そして結果は… 六萬を一発ツモ、裏は9ソウ!!!

6000オールのご祝儀5枚オールになったのでした(;^_^A
第1打が中でも、リーチツモ赤裏3で6000オールでしたが、一発のぶんの1枚オール得しちゃいました。

ま、第1打に中を切るべきかはいまだに分かりませんが…

次回ゲストは10月28日(金)です!!
ではまた(^^)v

« 東京新聞 | トップページ | ☆麻雀大会☆ »

村上プロが打つ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213405/53011642

この記事へのトラックバック一覧です: 親のチャンス手、微妙な第1打:

« 東京新聞 | トップページ | ☆麻雀大会☆ »

最近のトラックバック