« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

大関誕生

テレビのワイドショーに「琴奨菊関が新大関に昇進!」のテロップ。その時画面に映っていたのは、コメンテーターの中瀬ゆかりさん。

2011y09m29d_120059837

新潮社の名物女性編集者で、週刊新潮では西原さんの担当かつギャンブル仲間です。中瀬さんが大関に昇進したのかと思いました。

2011年9月29日 (木)

タンヤオ・チートイツ

片山まさゆきさんの先行リーチに黒子が追いかけ。「一発、16000点!」

2011y09m29d_113954728

「なんでえ?」「倍マン、アガったことないんじゃないの!」黒子の気持ちはわかるけど、裏ドラ無しならハネマンですね。タンヤオ・チートイツは、ぼくも苦手です。

2011年9月28日 (水)

国士無双放銃

親からリーチ。幸いリーチ宣言牌の8ソを引いたのでツモ切り。「ロン、32000点です」さっきまで飛び寸前だった女性クルーが手牌を倒しました。8ソで32000とは? しかもツモ切りだったじゃないか。しかしぼくの河にはなぜ南が(リーチの現物ではない)。国士無双でした。900点残り⇒滑走路へ⇒飛び。クルーは大トップでした。

2011年9月26日 (月)

前回の何切る解説

前回の何切るについて、親方の解説をアップしています。
お気付きでない方もいるかもしれませんので、
こちらでもお知らせします。
遅くなってすみませんでした。

何切る結果ページ

反原発集会

2011y09m23d_091321984

先週、新宿店の前を長いパレードが通りました。報道によると、近くの公園で大規模な反原発集会があったそうです。(毎日新聞の航空写真)

2011y09m23d_091339843_2

2011年9月25日 (日)

安藤満プロ

2011y09m23d_085550296

こんなテンパイをしてる所に、トイメンからリーチ。上家の安藤満プロ(プロ麻雀連盟)が1ソ切り。どうやら私に鳴かせて、一発を消させようとしているみたい。なおかつ、リーチと振り込み合う展開が望ましいと。恐るべし亜空間殺法! 鳴けばイッツーが見えますが、鳴かずにそのまま5200のツモでした。危ない危ない。(ふんぞり王国より)

2011年9月24日 (土)

ミーム

2011y09m21d_213728385

ある人曰く「いつ折ったのか気になるね」

2011年9月23日 (金)

新宿店キャンペーン

2011y09m23d_091028281

お待ちしております。

三色とイッツー

2011y09m21d_175021312

(6)を引いたら楽しみですね。

2011年9月22日 (木)

終盤の嬉しい倍満

みなさん、おはこんばんちわ!!
最高位村上です(^.^)b

最高位戦のAリーグも残りわずかとなりました。
今回の最高位決定戦、どうやらかなりフレッシュな顔ぶれとなりそうです!!
気になる方は最高位戦ホームページをご覧ください!!

最高位決定戦は10月19日開幕です。
応援よろしくお願いします!

さて、8月26日(金)、高田馬場「新たぬ」へ行ってまいりました。
成績はこちら。

12112412
プラス18000P
(トータルプラス342000P)


ん~、ついてました(;^_^A
なんだかここ数ヶ月、調子いいですね。

2ヶ月たったのでいつものようにトータルを出します。

半荘762回
 トップ240回
 2着210回
 3着173回
 ラス139回


トップ率31.5%
0.3%も上昇!実力的にはここまでの数字は出ないはず。ついてるなぁ…

連帯率59.1%
こちらも再び上昇。ま、ついてるとしか言えないっす。

ラス率18.2%
これだけついててもなかなか下がらないですな。一瞬でも16.6%まで下がったのが嘘のようです。とりあえず1日1ラスの目標はクリアしたので、地道に行きます。


さてさて、今回は回数も少なくてネタもあまりなかったんですが… 半荘2回目にあがった嬉しい倍満を紹介します。

東パツ北家 7巡目
20110922_1

かなりの大チャンスです。
マンズは一から九の何を引いても即リーチできます。
四萬を引いたら、

20110922_2

↑この形でリーチするよりも、

20110922_3

↑こちらのリーチのほうがよさそうです。

どちらにせよ数巡後にはリーチできるだろうと思っていたのですが… マンズを1枚も引きません!!

そうこうするうちになんと一萬が場に4枚切られ、九萬や八萬も2枚ずつ見えました。
もはやアガりは厳しいかと思った14巡目、ようやく四萬を引きテンパイ。

20110922_4

場に切れているマンズは以下の通り。

一萬 4枚
二萬 1枚
四萬 1枚
五萬 1枚
六萬 1枚(←ドラ表示牌)
八萬 2枚
九萬 2枚

残りツモ3回、ダマテンにする選択もありますが、僕は必ずどちらかでリーチします。マンズがこれだけ場に切れていれば、山に数枚は残っているでしょう。さて、どちらを切るか…

二萬を切って三六九待ちのほうが1枚多いですが、自分は九萬切りリーチ!!

20110922_5

1枚しか見えていない三萬より、2枚見えの二萬のほうが山にいそうです。それに、もしかしたら…

本当に一発でいました!赤五萬!!
そして裏を見ると… なんと五萬!!
リーチ一発ツモ發、赤ドラ裏裏でバイマンのご祝儀4枚オール!!

こーゆーアガりを取り逃さないためにも、なるべく5で待ったほうがいいですよね(^.^)b

ま、今回はさすがにうまく行き過ぎでした…

9月も第4金曜日、23日に新たぬにおじゃまします!!
ではまた!!

片山まさゆきさん

単行本「ふんぞり王国」より、片山まさゆきさんの配牌。

2011y09m21d_150609968

アガれてもノミ手っていう感じですが、終盤にはこんな大物になってました。ワキでアガリ。

2011y09m21d_150418953

2011年9月21日 (水)

スジの雀頭

2011y09m21d_145107953

赤の受け入れを考慮して(6)から切るのが一般的。逆に(5)⇒(6)の順番だと(4)(7)待ちの可能性がやや低くなります。では次のケースはどうでしょう。三色を狙って(5)から切りだす人もいそうですね。

2011y09m21d_144951281

2011年9月19日 (月)

大三元パオ

「親方、交代してくださ~い」女子クルーと本走を交代したら、すでに他家が白と發をポンしてる。そこにラス目の親が中を勝負。「ポ~ンッ!」たぬでは、ツモられたらご祝儀も責任払いなので、その後も親が全ツッパ。見事5800をアガっておりました。

ずいぶん前ですが、雀鬼会の桜井章一会長にインタビューしたことがあります。「会長、序盤に白と發をポンされてても、自分の手が良ければ中は切ったほうが得ですよね?」「何ぃ!そりゃダメだろ」以後、ぼくも切らないようにしています。損得とは別の問題なんでしょうね。

2011年9月18日 (日)

ふんぞり王国から

2011y09m16d_152335562

字牌無しの少牌なら、メンタンピン・三色が見えます。ドラが1枚ですが、アガリは遠そう。ドラを含む有効牌を3枚引いて以下。

2011y09m16d_152531578

上家からドラポンの後、上家がさらに2メンツ協力。「ツモ親マン!」「上家シッカリしてくれ~」

2011y09m16d_152753390

2011年9月17日 (土)

連続四アンコ

東1局1本場、北家が四アンコツモ。東2局の親がリーチ。すぐに南家が四アンコツモ。不幸にも、親っかぶりで飛んでしまいました。

2011年9月16日 (金)

キャンペーン終了

2011y08m20d_021545359

キャンペーンは15日で終了しました。たくさんのご来店ありがとうございます。ゲーム券はどの店でもいつでも使えます。

2011年9月15日 (木)

片山まさゆきさん

人気漫画家片山まさゆきさんと、「ふんぞり王国」(竹書房)で対局した時のもの。片山さんの第一ツモは(8)。

2011y09m14d_210308937

ここか6ソ切り。わずか数巡で見事な三色リーチでした。

2011y09m14d_210321562

最初の中残しは、チャンタまで見てたんでしょうね。

2011年9月14日 (水)

三色

棒テン即リーが基本ですが、高得点のためにはドラと役も重要です。数か月前までビギナーだったお客さんが、めきめき上達してるのを見るのも、仕事の楽しみです。

2011y09m14d_074958593

効率的な2トイツ残し、かつ三色を狙う一切り。構想どおりニを引きいれた14枚。

2011y09m14d_075018625

赤(5)の受け入れが気になったようですが、ドラを優先して(6)切りにしてました。

2011年9月12日 (月)

カネの話

2011y09m08d_155505234

角川文庫で再々登場です。最初の出版社は倒産し、西原さんは印税やドラマ化料などを踏み倒されて怒り心頭。「あそこ紹介したのオレなんだよね。悪いことしちゃった」白夜書房の末井昭編集局長の告白。

2011年9月 9日 (金)

桐野夏生さん

2011y09m08d_061644734

桐野夏生さんの「緑の毒」(角川書店)の発売記念サイン会があります。16日(金)18時より、新宿紀伊国屋書店本店9階特設会場(03-3354-5701)。あいかわらず絶好調ですね。

2011年9月 8日 (木)

2011y09m08d_060404156

女性の麻雀サークル、たまご組(花摘香里組長)の麻雀大会に、チーム戦のリーダーとして参加しました。

チームリーダーは漫画家の伊藤誠さん、かたおかみさおさん、ギャンブラーのライアン・モリスさん、最高位戦代表新津潔さん、声優の植田佳奈さんの6名。チーム優勝と個人優勝は、数年前に麻雀を始めたという、植田佳奈さん。凄いですね~。

ぼくのチームは2位で、個人成績は3位。優勝賞品のメロンが羨ましかったです。上田さんのブログはこちら

2011年9月 7日 (水)

ベテラン

2011y09m07d_113916421

東1局親のお客さんの配牌。少し考えてから、ニを切り出してました。

2011年9月 6日 (火)

ダマテン(ヤミテン)は損

2011y09m05d_145155703

「リャンメンは全部リーチ」だと思ってるんですが、ついダマテンにしてしまいました。「ダマテンは1巡ごとに損」とも思ってるんですが、1巡ダマにしてしまうと、ついズルズルとそのままに。変化しないまま相手の攻撃を受けると、「損をし過ぎてしまった」と降りることさえ考えてしまいます。

2011年9月 4日 (日)

リーチ・一発は何ハン?

「リーチ・一発・中・イイペイコ・ドラ1」さらに裏ドラ2種類をグリッ。残念ながら何も無しの8000点。

2011y09m04d_092823859

もしかしてダマテンと同じ値段だったりして?

2011年9月 3日 (土)

危なかった~席順

「東家と南家、どちらでもどうぞ」お客さんが親の席に座って、ぼくは余った南家に。南家で配牌を良く見ると、チートイツ1シャンテン。グリッと第一ツモを引くと、なんとテンパイ。

2011y09m02d_185217593

当然ドラ待ちでダブリー。数巡後にツモアガって、裏ドラも2枚。4000・8000の2枚オール。席順だけの勝利でした。

2011年9月 1日 (木)

秘宝館

2011y09m01d_021233828

西原さんのファンだという漫画家の空包(くーぽー)さんご来店。西原さんの壁画を撮影。空包さんのように麻雀を打たない方も歓迎です。

高田馬場本店15周年

2011y08m20d_021545359

9月1日から15日まで、2ゲーム券プレゼント。セットさんには割引券(五百円)。本店以外でも使えます。お待ちしております。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

最近のトラックバック