« スジの雀頭 | トップページ | エントツと2つの三色 »

2010年4月21日 (水)

スジの雀頭

2010y04m20d_131131599

スジ牌を4枚持ったまま1シャンテンを維持するのは、将来振り込んでしまいそうで不安。かといって、4ソを先打ちしたのでは、赤5ソのロスを覚悟して5ソから切りだした意味がない。一貫性が必要というワケではありませんが、恐怖に耐えて大物手にしたいものです。

相手がこの待ちになること自体マレだし、たとえそうだとしても、こちらが先にテンパイすれば問題無し。先にテンパイするためにも、完全1シャンテンを維持したいです。

« スジの雀頭 | トップページ | エントツと2つの三色 »

親方から」カテゴリの記事

コメント

う~ん 鋭いお言葉「恐怖に耐えて」 おいらも同感です!! ありますよね~筋の4枚持ち、「ここは 目いっぱいに広げて・・・・今リーチがはいると 怖いなあ ドンピシャで当たったりして」とかおもいますもんね。

こんにちわ、おっさんさん。経験値の高い打ち手ほど、この形は警戒するようですね。で、マレに放銃したりすると、さらに経験値を積み上げてしまいそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213405/48139700

この記事へのトラックバック一覧です: スジの雀頭:

« スジの雀頭 | トップページ | エントツと2つの三色 »

最近のトラックバック