« 三アンコは損 | トップページ | 裏ドラ3割 »

2010年3月21日 (日)

プリズン・ホテル

元「週刊アサヒ芸能」の編集者のAさんが、久しぶりに麻雀を打ちに来てくれました。ぼくのパチンコ記事の担当だったんですが、すでに定年退職をされたそうです。(以下、去年のブログです)

2010y03m18d_052342954

「親方、浅田次郎さんをご存知ですか?」20年近く前、徳間書店の「アサヒ芸能」で、ぼくがパチンコの記事を連載してた時、担当編集者に聞かれました。「いえ」「良かったら読んでみてください」その時プレゼントされたのが、同じ徳間書店の「プリズンホテル」。一読してそのおもしろさに惹かれました。続いて「地下鉄に乗って」(徳間書店・95年吉川英治文学新人賞)にも圧倒されてしまいました。聞けばその編集者は元もと徳間書店の文芸部にいたそうで、浅田さんの担当かつ熱心なファンなのだそうです。「あの才能が40歳まで埋もれていたのが信じられない。絶対にブレイクするハズです」と熱弁をふるっていましたが、まさにそのとおりになってますよね。

« 三アンコは損 | トップページ | 裏ドラ3割 »

親方から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213405/47842732

この記事へのトラックバック一覧です: プリズン・ホテル:

« 三アンコは損 | トップページ | 裏ドラ3割 »

最近のトラックバック