« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

先崎学八段

棋士の先崎学八段がご来店。先崎さんとは近代麻雀の「ふんぞり王国」という企画で対局しましたが、勝負師だけあって素晴らしく強かったです。(ぼくは3ラス)

2009y11m27d_140348281

ホンイツかイッツーに目が行きそうな、先崎さんの序盤の手牌。ツモ(5)で白のトイツ落としをして、見事親マンでした。

2009y11m27d_140328937

週刊文春の先崎さんのエッセイ「浮いたり沈んだり」はとてもおもしろく、ぼくも毎週愛読しております。

2009年11月28日 (土)

ベンジャミンさん

麻雀研究家(大阪商業大学研究員)のベンジャミンさんが、たぬカップの調整のために、フリー打ちにご来店。ベンジャミンさんは、中国やヨーロッパなどの国際麻雀大会にも出場し、優勝などの好成績を何度も収めています。今回も狙っていると思います。

2008y07m16d_0044155551

2009年11月27日 (金)

ツモ次第

2009y11m27d_110836796

ダブ東がトイツなので、鳴いて連チャンが精一杯かも。ところが東が1枚も出ない。それが良かったのか、いつのまにか三色のテンパイになりました。

2009y11m27d_110847625

2009年11月26日 (木)

日曜日はたぬカップ

2009y10m22d_2153406251

「親方、出場者が少ない場合は、賞品総額も少なくなるんですか?」

そんなことはありません(笑)、安心してください。当日参加や、キャンセル待ちもあります。みなさんの参加をお待ちしております。

詳しくはこちら

2009年11月25日 (水)

代走

2009y11m25d_031758028 

「親方、代走中にこんな手になったんですけど、何を切れば良かったんですか?」女性ベテランクルーに相談されました。

代走はシャンテン数を下げないのが原則ですが、自分の手じゃないだけに、かえって迷いそうです。「実際には、何を切ったの?」「1ソです」ぼくも同じです。

ドア無しトイレ

新宿から2時間くらい、箱根の近くにある「大雄山最乗寺」という曹洞宗のお寺に参拝。参道にそびえる、樹齢数百年の杉の木立が圧巻でした。参拝者用の立派なトイレがあるんですが、なぜかドアが無くて、カーテンだけ。風が吹くと危険そうです。

200911231611000

(出る時は、カーテンを開けておいて下さい)

2009年11月22日 (日)

テンパりたくない

2009y11m21d_220936348

三色のようなイイペイコのような、チートイツのような2シャンテン。ツモ九で1メンツできたけど、なぜかあまり嬉しくない。

2009y11m21d_220946645

ピンヅモでハネマンまで伸びる可能性があるので、喜んでもいいんですけどね。その後タンヤオ・三色の1シャンテン。2009y11m21d_221007410

さらにドラの(5)を引いて、テンパイするのが怖かったです。

2009y11m21d_222138410

特に鳴いてテンパイするのが。 

2009年11月21日 (土)

だいぶ遅くなりました…

みなさんこんにちはhappy01

今日はハロウィーンイベントの様子をご報告いたしますheart01

えっと…かれこれ三週間も前になってしまいましたbearing

遅くなってしまってすみませんweep

一日目は学校がテーマでしたflair

Photo 左から

セーラー服が良く似合う平成生まれ、新人みゆちゃんcherry

先生役をしぶしぶと言いながら嬉しそうにやった、店長石田さんeyeglass

そして、今回の目玉eyesign03体操服の愛佳ちゃんですlovely

愛佳ちゃん…いい脚ですねぇ(*´д`*)ハァハァ

Photo_2 Photo_3 そして、遅番は早番から引き続き石田さんと、

左の写真の二人、

コスプレ初参加でお疲れ気味のたまちゃん(左)と

この格好で出勤したらコンビニでタバコが変えなかったというすずちゃん(右)

二人とも微妙な表情なのは、照れ屋さんだからですhappy02

さて、2日目の早番はPhoto_4かぼちゃよりちゃんとチャイナ愛佳ちゃん、

そして3時間しか出現しなかったという伝説のsign01りらっくま未来ちゃんでしたwink

Photo_9

それぞれ個性が出てますでしょcatface

愛佳ちゃんは昨日とはがらりと雰囲気が違ってまたいいですねheart

よりちゃんは一番ハロウィーンらしいコスプレをしてくれましたscissors

Photo_7 一方、遅番は左の三人でしたchick

左から、セーラー服を着たのに何故か老けて見える亜衣ちゃんtulip

制服が着たかったけど周囲に止められ渋々ナースを着るゆきsnow

そして二日連続で頑張ってくれたすずちゃんribbonでしたnote

たくさんのお客様に来ていただいて、とっても楽しい二日間でしたheart02

Photo_8

ご来店いただいた皆様ありがとうございましたconfident

次は…クリスマスですねxmassign03

みなさん今のうちから、

手帳に「たぬ」と予定を書き込んでおいてくださいねheart01

本店 ゆきでしたsnow

直撃

オーラス、トップ目との親との点差は10500点。赤ドラ2枚を使って、六九待ちリーチ。六なら高めタンヤオ。マンツモなら逆転ですが、九の直撃だと裏ドラ次第。親が九を切ってロン。裏ドラ乗らずで100点届きませんでした。もしかしてうまく打たれた?

2009年11月20日 (金)

棒テン

2009y11m19d_130704410

イッツー目のある1シャンテンです。ツモ七。

2009y11m19d_130656395

棒テンなら3ソ切り。マンズの受け入れを8枚増やして、ソーズを4枚(1ソ)減らします。9ソを切れば、タンヤオ確定で三色目も生まれるのが、ちょっと悩ましいところ。(六切りの人もいるかも)

「三色とイイペイコの出現比率」の伊藤さんのレポートでは、「上級者ほどイイペイコよりも三色の比率が上がる」 という分析の他に、「上級者ほど、イイペイコも三色も減る」ことが読み取れます。

原因は「リーのみや中のみ」などの、棒テンが増えていることが、考えられそうです。

2009年11月19日 (木)

期待値もどき

2009y11m18d_183508848

先の牌姿からダマテンで三色に変化しました。リーチ後のアガリの場合分けはこんな感じ。(裏ドラ無し)

2009y11m18d_180917598_2

先の例よりもアガリ枚数が減っているので、思ったほど改善されてないのが分かります。また、ダマテンの間に、相手に自由に手を進められるのも、かなりマイナスになると思います。先に赤五を引いて二ツモや、先に2ソを引いて赤5ソツモだと、最高の気分ですね。

2009年11月17日 (火)

期待値(もどき)

2009y11m16d_090511832

2009y11m16d_093838145

即リーの期待値(もどき)は、こんな感じでしょうか。「マンガンまではタンヤオ有利、ハネマン狙いはピンヅモで」 が、一般的だと思います。

2009年11月16日 (月)

タンヤオ確定

2009y11m16d_090511832

中堅女性クルーが、上の14枚で何を切るか迷ってました。三色への変化もあるので、リーチかどうかを考えてたのかもしれません。

2009年11月15日 (日)

「一盃口と三色の出現率」結果発表

今回のお題「一盃口と三色の出現率の比較」について、たくさんのレポートをいただきました。ありがとうございます。

多くの力作労作のなかから、今回の全自動麻雀卓当選者は、ネット麻雀で多くのデータを分析した、伊藤さんに決定しました。おめでとうございます。
伊藤さんのレポートをダウンロード(wordファイル)

次点は、リアル対局のデータを集計、当選者の伊藤さんとは逆の結論になった、会津のLOVEさんに。おめでとうございます。
LOVEさんのレポートをダウンロード (pdfファイル)


※当選者のお二人にはメールをお送りします。

2009年11月14日 (土)

9枚役

2009y11m14d_112602687

親の配牌です。三色の材料が5枚あるので、第一打は1ソ。イッツーは6枚だけど、できる可能性は似たようなものだと思います。ちなみに、19と浮き牌があったら、裏ドラの可能性はわずかに9ソが高い。わずか過ぎて、役にたった記憶はほとんどありませんけど。

桐野夏生さん

2009y11m12d_203250312

「日本文学秀作集・桐野夏生編」(文春文庫)発売。桐野さんお気に入りの、数人の作家と作品が詰まってます。「ナニカアル」の主人公の林芙美子の作品「骨」を初めて読む。桐野さんが林芙美子を書きたかった気持ちが、ほんの少しだけわかったような気がしました。

2009年11月13日 (金)

ドラ受け

2009y11m12d_201508156

ドラの(3)を引けば大物手ですね。ツモ(5)。

2009y11m12d_201515234

持ち点が少ないこともあり、受け入れの多いエントツ待ちを捨てて、ドラとイイペイコ受けを重視。ぬるいか。

2009y11m12d_201524406

エントツ待ちの裏目こそなかったものの、最後までドラ引きは、かないませんでした。

2009y11m12d_201529500

2009年11月12日 (木)

裏目

2009y11m12d_113251109

タンピン・三色狙いの好形の1シャンテン。(3)を残しているのは、最速のメンツ作りのロスを避けるため。理想は、三や四が重なった1シャンテンです。ツモ(2)。

2009y11m12d_113301546

最速リーチを目指して四切り。結果は、見事な裏目でした。

2009y11m12d_113309296

2009年11月11日 (水)

桐野夏生・ナニカアル

桐野夏生さんが週刊新潮に連載していた、林芙美子主人公の「ナニカアル」が完結。単行本発売が楽しみです。ベストセラー「東京島」の映画化も進んでいるようです。

2009y11m10d_201545281

倍速換算

プロ麻雀協会代表の五十嵐毅プロと、新宿店で同卓。

2009y11m10d_000152656

こんな1シャンテンから、最速&赤受けの(8)切り。最速の理由は、シャボは4倍速(16枚)、カンチャンを2倍速(8枚)と換算してるからです。

2009y11m10d_000125484

テンパイの後、(3)をツモって(6)切り。五十嵐プロが(2)をポンしてるけど、1枚でも待ちは多いほうがいい。

2009y11m10d_000132218

五十嵐プロが(5)を切ってロン。ところが五十嵐プロがニタ~ッとしながら、ポンした(2)を指さすではないか。げっ、フリテンだって。

ちなみに、ロンは4倍速ですが、フリテンに受けるとツモ専の1倍速になってしまいます。

2009年11月10日 (火)

雀頭選択

2009y11m09d_202825602

雀頭の確定しない1シャンテンに、ツモ五で 3メンツ。タンヤオ目指して(9)を切ってみました。

2009y11m09d_202457805

すぐにツモ赤(5)。嬉しいような、そうでもないような…

国際犯罪学会

2009y11m09d_200235696

2011年に、国際犯罪学会世界大会が、神戸で開催されます。首謀者はどうやら、大阪商業大学の谷岡一郎学長みたい。ぼくも出席の予定ですが(犯罪者としてではない)、どうも英語が公用語らしい。う~む。

2009年11月 9日 (月)

放銃ミス

親からリーチがかかったので、オリてました。子でマンズのホンイツ風のところも、オリているようで、現物のドラ1ソをトイツ落とし。流局寸前にリーチの現物で2枚切れの白を切ったら「ロン」。

2009y11m09d_041948680

子のホンイツに放銃してしまいました。悔やまれるのは、他に完全な安全牌も持っていたことです。

2009年11月 7日 (土)

綾辻行人さん新刊

2009y10m07d_231432093

京都在住の推理作家、綾辻行人さんの新刊が絶好調。綾辻さんは麻雀が強くて、日本初の麻雀タイトル戦「名人戦」のタイトルを持っているほどなんです。ちなみに、名人戦を作った当時の編集者で、麻雀戦術の著書も多い井上康さんは、たぬの高田馬場の新店で、今も時どき打ってます。やはり一目置かれてます。

2009年11月 5日 (木)

大たぬカップ

2009y10m22d_215340625

麻雀大会「大たぬカップ」を、11月29日(日)に開催します。会場は、高田馬場の本店(03-3209-0678)・新宿店(03-3345-7441)・水道橋店(03-3263-7107)です。高田馬場の新店だけ、通常のフリー営業です。

○11時から半チャン5回。
○(受付は10時より)店舗移動無しで、店舗別優勝と総合優勝を競います。
○参加費二千円(当日払い)
○申込は各店舗または
こちらのフォームからお願いします。現在受付中です。

2009年11月 4日 (水)

四方竹

2009y11m04d_062228203

故郷の高知県特産の、四方竹(しほうちく)のタケノコが届きました。断面が四角いので四方竹。秋に採れるので、秋竹とも呼ぶ。庭の植木としても人気です。

昔の麻雀牌の背中は、竹でできてて、そのヒビ割れや汚れ具合を、記憶してる人もいました。

2009年11月 3日 (火)

ダマテンにする理由

みなさん、おはこんばんちわ!!
最高位戦のアンパンマン、村上淳です!!

去る10月7日、今期最高位戦Aリーグの最終節が行われました。結果は…12人中9位で残留!!来年もなんとかAリーグの舞台で戦う権利を得ました!!

それにしても…最高位戦に入会して10年間、リーグ戦で大きくマイナスすることはほとんどなかったのですが、11年目にマイナス500オーバーでB1リーグへ降級。昨年B1リーグでは運良く勝てたものの、今年Aリーグでまたマイナス200…

周りが強くなったのももちろんありますが、自分の極端なリーチ寄りの戦術が通用しなくなっているのも事実です。普段の麻雀はともかく、来年のAリーグでは多少バランスを変えてみる必要があるかもしれませんね…まぁそれでボロボロになるかもしれないので、来年3月までなるべくたくさん牌譜を調べて、研究を重ねたいと思っております。

それでは10月23日金曜日、高田馬場「新たぬ」でのゲスト成績です。

212214123
プラス14000P
(トータルプラス207000P)


先月は6回ともかなりしっかり打てたと思いましたが、それに比べると今月はミスが多かったように思います…3トップのうち納得いく内容だったのは半荘7回戦くらいで、あとは親でツイただけのデカトップでした。

まあツイた時にしっかりトップをとることは非常に大事なんですが、点棒があるからといって雑なことをしてはいけませんよね…むしろ内容的には2着、3着だった最後2回が良かったです。

麻雀って内容点があったとしてもその評価は難しいですよね!強い人同士でも打ち方も考えも全く違ったりしますし。結局結果から判断するしかないんでしょうね…

ではでは今回は半荘1回戦、東1局にいきなりあった微妙な出来事を紹介します。

北家スタートの5巡目、こんな素晴らしい手をテンパイ。

20091103

ピンフイーペーコードラドラ、ダマテンでも8000点です。5巡目と巡目も早く、リーチする人もダマテンにする人もいそうですよね。どちらも一長一短、「絶対どっちかが得」とは言えないと思いますが、僕の基本フォームはほぼ全てリーチ。これがダマテンでハネマンでも基本はリーチです。赤があればなおさらリーチ。

よく「確実にアガりたいからダマ」なんて言葉を聞きますが、そのセリフは少し違う気がします。「少しでも出アガり確率を高めたいからダマ」ならわかります。以前にも書いたと思うのですが、リーチという行為は出アガり率を下げますが、その分相手三人の打牌選択に制限を加え、相手のアガり率を下げる働きをします。

その結果相手がアガる前にツモる、相手がアガりを逃した後にツモる、といった現象を起こりやすくするので、祝儀比率が高い麻雀においてはなるべくリーチをかけたほうがトク、という結論になるわけです。ようは「ダマならアガってた~」よりも「リーチならアガってた~」のほうが明らかに損失が大きいわけです。ツモアガりを逃すことになりますからね。

ダマテンでアガれなかった時の検証は難しいですが、少なくともリーチによって他家がアガりを逃すパターンは数多く見られます。みなさんも「あそこでリーチに一牌押してればアガってたよ~」なんて経験、しょっちゅうありますよね?

とゆーわけで5巡目のこのテンパイ、基本はリーチなんですが、今回僕はダマテンに構えました。「さんざんリーチすると言っといて!?」ってカンジですが、今回は5巡目にしてすでにダマテンにする理由があったのです。

それは…トイメンの南家の第1打が5ピン、上家西家の3巡目が8ピンだったのです。別に「2枚切れてるからダマ」という意味ではなく、「南家・西家は58ピンをツモ切りする可能性が高い」からダマテンのほうが良いという意味です。

他にも南家・西家からリーチがかかったとき、58ピンがリーチ者の現物待ちになるのもダマテンのメリットです。まさに「出アガり確率をあげるため」のダマテンなわけです。

もちろんこの巡目なら3人がベタオリしてもツモる可能性はじゅうぶんありますが、リーチによってダマなら出ていた58ピンを南家か西家に止められてしまうのだけを避けたい、という選択ですね。

他にもコクシをやっている人がいたり、マンズかソーズのホンイツまっしぐら、なんて人がいたらやはりダマテンにするでしょう。ようは「58ピンを不要としている人間がいる」という確実な情報がある場合はダマテンのほうが良い、と自分の中で線引きしているわけです。

ところが…6巡目親の方が手出しで1ピン、そして7巡目にドラの六萬手出しでリーチときました。この親リーチには58ピンは超危険牌ですから、南家や西家が58ピンをツモ切りする可能性は一気に下がってしまったわけです。

それでもダマテンを続行する手もありますが、自分は同巡ツモ切り追っかけリーチを敢行!! 結果は…数巡後自分が場に3枚目の1ソウをつかみ、リーチ裏1の3900を放銃してしまいました(>_<)

自分が5巡目に先行リーチをしていた場合、親の方は1ソウが2枚切れ、ドラの六萬が1枚浮いているイーシャンテンの状態から、無スジの1ピンを勝負したでしょうか…? 西がアンコだったんで、オリてくれたかもしれません。その場合は自分の3000・6000ツモアガりの可能性があったかも。

結果としては残念でしたが、今回の自分の選択は間違っていないと思っています。つねに「微妙だな…」とは思っていますけどね。微妙だけど自分が少しでも得だと思う選択をし続ける、それが麻雀を一生打ち続ける者の使命だと思っております。

…カッコつけすぎですかね!?
ではまた来月!!

2009年11月 2日 (月)

リャンメン切り

2009y11m02d_054633312

親の配牌です。1つしかないリャンメンの八を切ってみました。少しだけ手が進んだところで、他家からリーチ。手仕舞い。

2009年11月 1日 (日)

ファースト・キッチン

2009y10m30d_233821726

新宿駅南西口のランドマーク、たぬの右隣のファースト・キッチン、略してファッキンです。「ベンジャミン、ファッキンて呼び方はどう思う?」麻雀研究家で、英語ネイティブのベンジャミンさんに、聞いてみました。

「初めて聞いた時は驚きましたね。ちょっと風俗っぽくて」

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近のトラックバック