« 昭和の雀ゴロたち | トップページ | 雀頭の切り替え »

2009年9月 6日 (日)

昭和の雀ゴロたち2

(近代麻雀より)

別の日のこと、今度は新規の坊主頭の1人客と、朴さんが同卓。
朴さんが坊主頭のトイメンに陣取っているのは、どうやら意識的らしい。
坊主頭のヤマにツモがかかる直前に、朴さんが坊主頭の牌をポン。これで、本来なら坊主頭に入るツモが朴さんに流れる。
朴さんは、ツモった牌を見もしないで、自分の牌の右端に順番に伏せたままくっつける。
ヤマが終わるころ、朴さんは坊主頭をニラんで言った。
「この牌、全部見せていいか?」「す、すみません。これで失礼します」
坊主頭の新規客は、箱テン分の現金を置いて退散してしまいました。 どちらも、一触即発でケンカになりそうですが、ほとんどそうはならなかった。
朴さんは大学のラグビー部OBの巨体で、顔はぼくらがこっそりと、「赤い鬼瓦」と呼んでいたほどの、迫力だったんです。
 

« 昭和の雀ゴロたち | トップページ | 雀頭の切り替え »

親方から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213405/46125973

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の雀ゴロたち2:

« 昭和の雀ゴロたち | トップページ | 雀頭の切り替え »

最近のトラックバック