« ゆかた祭り | トップページ | 牌効率 »

2009年7月 6日 (月)

哲也3

2009y06m29d_0249175961

(講談社・さいふうめい原作・星野泰視作画)

2009y06m29d_0247227211

一を持ってきてアガリになったところ。この形だと一四のどちらでもOK。一番右の九九の2枚組を雀頭と呼び、これも必ず必要。

このアガリはかなりスゴイ。ドラという懸賞牌6ソを3枚も使っているから、他の3人からいっぱい点棒がもらえる。麻雀牌を13枚ずつ持ってゲームを始めると、この例のように誰かがアガるか、持ってくる牌がなくなったらその1局は終わる。これをだいたい10局くらい繰り返して、最終的に持ち点が一番多かった者が、そのゲームの勝利者になる。勝利者はトップと呼ばれて賞賛されるのだ。

« ゆかた祭り | トップページ | 牌効率 »

親方から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213405/45543681

この記事へのトラックバック一覧です: 哲也3:

« ゆかた祭り | トップページ | 牌効率 »

最近のトラックバック