« 五の裏スジは間4軒と同じ | トップページ | 全自動卓はManabu Kasanoさんに »

2009年5月15日 (金)

五の裏スジ2

「でも、裏スジてけっこう当たるような気がするんだけど…」こういう感想を持っているみなさんも、多いと思います。ぼくも反射的に使ってます。

2009y05m13d_154646261

それを強く意識するのが、五の早切りのパターン。たとえばフリー雀荘に行くレベルや、ネット麻雀の上級卓で打つ雀士なら、このリーチに対して、五の裏スジの一四や六九を無造作に切ることはまず無い。マンズならその2つが本命視されるのが常識だからです。
5の裏スジは実質的には間4軒と同じ構造だとぼくは考えています。
つまり、五と架空のゼロ萬との間4軒。五と架空の十萬との間4軒、という具合です。五をマタいでない待ちは、その2つしか無い、というだけなんじゃないかってね。(架空の十萬は循環すれば一)
一の裏スジの二五が危険というのに比べると、こちらは2倍くらい危険なんじゃないでしょうか。

« 五の裏スジは間4軒と同じ | トップページ | 全自動卓はManabu Kasanoさんに »

親方から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213405/45006205

この記事へのトラックバック一覧です: 五の裏スジ2:

« 五の裏スジは間4軒と同じ | トップページ | 全自動卓はManabu Kasanoさんに »

最近のトラックバック