« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

嬉しいツモのみ

みなさん、ごきげんよう!
最高位戦日本プロ麻雀協会Aリーグ、理事の村上淳です!!

今年度のAリーグは12節中5節まで終了しております。現在のわたくしの順位は12人中…言いたくありません!!興味がある方は最高位戦のHPをチェックしてみてください!エーン(>_<)

ではでは今回の成績です。

112114313113
プラス24000P
(トータルプラス200000P)


先月の反動というわけではないですが、かなり良い成績でした!!すごくツイてたというカンジではなかったのですが、全体的に大事なところでアガりが拾えました。

3万点くらいのトップが半分くらいあったので…ま、それもツイてたからトップになれたんですけどね!オリる時にかなり安定感があったので内容は良かったと思います。

では2ヶ月たったので成績をまとめます。

半荘476回
 トップ151回
 2着132回
 3着107回
 ラス86回

トップ率31.7%
なんだかかなり上昇しちゃいました!今回7回トップでしたからね…嬉しいことは嬉しいのですが、ラスもかなり多かったので素直に喜べません(>_<)

連帯率59.5%
あれだけトップが取れたのに、連帯率は変わらず…

ラス率18.1%
またまた0.5%上昇…一時は目標の16.6%を下回ったというのに、とうとう18%オーバー!!どげんかせんといかん!!!まぁ1日で5回ラスとか取ってたらこうなりますよね…頑張ります(>_<)

さて今回は嬉しいツモのみを二回アガったので紹介します。そもそも私はツモのみ、あるいはツモドラ1、などの役なしツモのみのアガりって異常に少ないんですよ。理由は…役なしはだいたいリーチするから!!

…実はそんな単純な理由ではなくて、リーチができないようなテンパイはなるべく組まないようにしているからです。逆に言うと、常にテンパイ即リーチを目指してテンパイを目指している、というわけです。

ようはイーシャンテンの段階で「これかこれかこれ引いたらリーチ」という状態を常に目指していると。先月のような「仮テンからのツモ逃し」みたいなアガり逃しはわりと良くあるわけです。

そんな私が1日に二回もツモのみ!どんなシチュエーションだったのでしょうか。

まずは8回戦、南2局を迎えてダントツのトップ目(東場の親でチートイドラドラをリーチ一発ツモなど)、現在南家で、2着の親とも3万点ほど離れておりました。中盤にこんな牌姿に。

20090531_1

ピンズは場に安く、即リーチでもかなりアガれそうです。だがしかし切り出す牌はドラの南、大トップにつき南を切らないという選択もありますが、親以外ならむしろアガってもらっても構わない。

というわけで親にポンされたとき以外は次巡リーチすべく、南を切ってダマにしました。一見中途半端に見えますが、このように「親にだけは打たない」みたいな選択はトップ目ではかなり大事です。

この南を首尾よくトイメンの北家がポン。「これで親もかなり前に出づらいはず。次巡俺もリーチ、北家にマンガン打つのは仕方なしだな。まぁカン2ピンリーチはかなりアガれそうだし」とまあこんな思考です。

ところが同巡、親がリーチ!この瞬間「親の危険牌引いたらおりよ!親の現物で北家に打つのはよし」に思考が変わりました。追いかけリーチする手もありますが、親が北家に打つこともありますし、やはり自重すべきでしょう。

そう思いながらツモ山に手を伸ばすと…いました、2ピンが!「ツモ、300・500」。ドラポンと親リーチをかいくぐってのアガり、かなり嬉しいですよね!この半荘は大きなトップがとれました。

続いて半荘9回戦、南1局西家で7巡目に次の手牌に。

20090531_2

点棒状況はトイメンの親がダントツトップ、3人で2着争いしている状況でした。ドラが4ソウということもあり、テンパイとらずに打9ピンとしました。次に裏目の5ピンを引いたらフリテンリーチ、理想は6ソウ引いてリーチです。3ピンを引いてもリーチかな…

次巡、ツモ7ソウ。

20090531_3

嬉しくはないツモですが、今度はテンパイにとりました。もう一回テンパイ外しても嬉しいツモが少ないですからね…

すると同巡、下家のラス目からリーチ!!アンパイはあるのですぐベタ降りする予定でしたが…次巡6ソウツモ!またもやリーチ者に1枚もツモらせることなくアガりを拾えたのでした。

かなり地味なアガりですが、こういう細かいところがツイていたのでしょうね…ちなみにこの半荘は3着でしたけどね!

ではまた来月!!

タンヤオ・三色・三アンコ

2009y05m30d_182132919

↑(7)を引いて三色目、他に三アンコとタンヤオを目指して一切りにしてみました↓。

2009y05m30d_182136950

ギャンブリング*ゲーミング学会

2009y05m30d_030523700

大阪商業大学の谷岡一郎学長が主催する「ギャンブリング*ゲーミング学会」からは、定期的に会報が送られてきます。内容は日本の伝統的ゲームや、ギャンブル依存症や、世界のカジノ情報など様ざま。ベンジャミン・ボアズさんの「日本麻雀の国際展開」というレポートも掲載されています。外国語で専門分野のレポートが書けるなんて凄いですよね。谷岡一郎教授には、全自動麻雀卓プレゼントクイズのレポートをチェックしていただきました。

2009年5月30日 (土)

アンケートのお願い

07y12m24d_200107718_2

便利で快適なお店と、ホームページにするための、アンケートのお願いです。
回答者の中から抽選で1名様に、全自動卓(中古)をプレゼント致します。

締切:6月10日
宛先:tanu-goten@nifty.com

当選者発表は6月15日です。

①当たぬ御殿で
 A便利だと思うもの
 Bおもしろいと思うもの、を教えてください。
②たぬの利用者にお聞きします。お店で
 A便利だと思うもの
 B不便だと思うもの、
 を教えてください。
③たぬの利用者にお聞きします。お店で
 A快適だと思うもの。
 B無くてもよいと思うもの
 を教えてください。
④お気に入りの麻雀媒体は何ですか? 誌名や番組名などを教えてください。
⑤その他、ご意見など。

2009年5月29日 (金)

ありえない!?リーチ☆

東場の親の3巡目でこんな手を張りました☆点数はみんな平たいところです。

2009y05m29d_183349744

テンパイ即リーな私は迷わず5切りリーチ!!理想な形は⑧を引き込んでの一気通貫ですが(笑)

ありがたいことに⑨を一発でつもらせていただき2000点オールの一枚オールでした。

しかしこの牌姿を他のメンバーに見せたところ返ってきた答えは「ありえない!!」という声の嵐(笑)

確かに3巡目ということもあり、染めるの大好きな私にしては珍しいかもしれないのですが、まだ点数が平たかったという点と、せっかくできてる面子を崩すのもイヤだったということからリーチ!!

結果オーライなんですが、皆さんだったら最高手の九蓮宝燈を狙いますか??

新宿店 ひろこ☆

エントツ待ち

2009y05m28d_155348872

↑この5ソ8ソ九待ちのような変則3メンチャンを、個人的にエントツ待ちと呼んでいます。昔の麻雀仲間の間で呼ばれてたからで、語源は分かりません。7枚待ちです。

↓次のはピンズの切り方で、エントツ待ちにもリャンメン待ちにもなるパターンで、わりと良くみかけます。同じ7枚待ちと暗記しておきましょう。

2009y05m28d_160103856

先日ゲストの手牌で見かけたのがこれ↓。

2009y05m28d_155132684

(5)切りのリャンメンなら7枚、(6)切りのダブルエントツなら10枚ですね。めったに見ないけど、覚えておいて損はないかもしれません。

↓次のは形はダブルエントツ待ちにもなりますが、スジがカブっているので、待ち牌はわずか6枚。リャンメンのほうがが多くなります。

2009y05m28d_155157591

でもこのパターンを覚えてもムダかも。この牌姿なら、早めにチンイツに向ってますよね。

2009年5月28日 (木)

大明カン

クイズ。大三元・大四喜・大明カンのうち、役マンじゃないのはどれ? てな冗談はさておき、先日トップ目のゲスト(お客さん)が、リーチ者の捨て牌を大明カン。すかさず親がツモ切りの追いかけリーチ。「一発ツモ!」

2009y05m26d_120433544

なんと裏ドラ無しでも、トリプル(3倍マン)の12000オール。ラス目が飛んで、一発逆転になっておりました。ちなみにたぬクルーには、大明カンはしないように指導しています。

2009年5月27日 (水)

三色よりダブ東

吉倉万理さんとのハンゲームに、たくさん参加していただき、ありがとうございました。雀頭がダブ東で、三色かドラ受けのカンチャンに、7ソをツモ。

2009y05m25d_173141434

5ソ切りか(3)か(7)切りか迷って5ソ切り。ダブ東はポン4倍速の、8枚相当だと見なしてます。

2009年5月26日 (火)

全自動卓クイズの当選者レポート

先日の「全自動卓プレゼントクイズ」に応募いただいた皆さま、ありがとうございました。当選者のレポートなどをご紹介します。


●問題(1)
ハネツモ条件の時、チートイツのみをテンパイしたら、ドラ引きを待たずに即リー。ツモって裏ドラに賭けたほうが有利。本当でしょうか?

当選されたKasanoさんのレポート全文とグラフを公開します。なお、ご本人による前提条件の修正があったため、そのまま履歴が残っています。

tousen_repo.doc
tousen_repo.xls


●問題(2)
チートイツにもイイペイコにも取れる手は、出アガリならイイペイコが有利。ツモの場合、点パネなら同じくイイペイコ有利。ハネなければ逆にチートイツが有利。(ダマかリーチか・裏ドラの有る無しに関係なく)本当でしょうか?

こちらにもたくさんのレポートをいただきました。紹介させていただくTamura Masashiさんは、問題(1)にも優秀なレポートを作ってくれましたが、残念ながら当選には至りませんでした。以下レポートです。

kantou_repo.doc


●おまけ
愛媛県の中学生W君は、レポートと一緒に自作の「鷲巣麻雀卓」の写真を送ってくれました。凄いものを作りましたね。「アカギ」作者の福本伸行先生にも写真を送っておきました。

Wasizu2
↑自作の鷲巣麻雀卓

Wasizu1
↑一人麻雀の様子
(周囲に一緒に打てる人が少ないそうです)


たくさんの貴重なレポート、ありがとうございました。

コスプレ雀荘

2009y05m25d_163759544

「親方、10年くらい前の写真が出てきましたよ」おお、けっこう前からコスプレをやってたのね。人材派遣のオリ●チ社長みたいなヘアスタイルは山崎。次回のコスプレは、ユカタ祭りの予定です。

タンヤオ確定

2009y05m24d_033854859

タンヤオ確定と4トイツ残しで、2ソ切りにしました。リャンメンを捨てましたが、目先のロスは1ソの4枚だけです。

2009年5月25日 (月)

女子プロ対局 終了しました

2009y04m29d_155220283

親方こと山崎です。5月25日(月)夜23時から2時間ほど、吉倉万里さんといっしょにハンゲームで遊んでいます。ごいっしょにいかがですか。HI半荘の交流広場、割れ目なしのクイタンあり、ロビー番号は当日お知らせ。部屋名は「たぬ御殿」です。検索はハンドルネーム「おやかたの」で。希望者が多い場合は1回交代でお願いします。お待ちしております。

2トイツ2択

2009y05m19d_2032057031

以前に紹介した牌姿です。「2トイツ残しで何を切る?」と女性クルー数人に聞いたら、6ソ切りがほとんど。理由は「6ソよりも(3)がポンしやすそう」とのことでした。なるほど。

その他に、「将来6ソを切りだすよりも(2)のほうが少し安全そう」いいですね。ちなみに北などがアンコになったら、(3)と5ソの比較になります。

装丁家多田和博さん

2009y05m23d_195045203  2009y05m23d_194730734 

桐野さんの両作品の装丁は多田和博さん(オブジェ・鹿目尚志さん)。多田さんは他にも、天童荒太さんの「永遠の仔」(彫刻・船越桂さん)や、鷺沢萠さんの「祈れ最後まで」(画・日高トモキチさん)など、すばらしいブック・デザイナーですよね。

2009y05m23d_195735734  2009y05m23d_200850234

2009年5月24日 (日)

アガりTOP

2009y05m24d_032321203

アガりTOPですが、リーチ棒を出したくない局面。チーテンも視野に6ソ切りにしてみました。

桐野夏生 IN 発売間近

2009y05m23d_035833406

「小説は悪魔ですか。それとも、作家が悪魔ですか?」

桐野夏生さんが「小説すばる」に連載してた「IN」(イン・集英社)が、5月末に発売されます。名作「OUT」から12年、桐野マジックに引き込まれて一気に読み終わりました。

2009年5月23日 (土)

二階堂亜樹プロ

「ポリ」から渡辺洋香プロや清水香織プロがデビューしたころ、「亜空間殺法」で有名な、安藤満プロと飲んでいた時のことです。「親方ね、俺が顧問をしている雀荘に凄い女の子がいるんだ。勝負勘がいいっていうか負けず嫌いっていうか、とにかく強くて光るものを持っている。俺の今の一番弟子だね」と自慢していたのが、今や女子プロの第一人者として、誰もが認める二階堂亜樹プロ。その実力と各種メディアでの活躍ぶりは、先輩の男子プロたちも一目置くほどです。

ギャル雀やフリー雀荘出身のスタープロの活躍で、女子プロブームは大盛り上がり。今や200名近い女子プロが活躍しております。

2009y05m22d_210146171

たぬ本店、大小(カジノ道具)を背に闘牌する安藤満プロ。

リバース・エンジニアリング?

2009y05m22d_202807187

西原理恵子さんの「まあじゃんほうろうき2」に登場する、西原さんのメンチン・四アンコ・タンキ。何枚かのロン牌とロン牌でないものを見送り、見事高めの一をツモアガっておりました。

それよりだいぶ前の片山まさゆきさんの「スーパー・ヅガン」に、同様の牌姿が出てきます(うろ覚え)↓。せっかくの役マンを、イイペイコのみでアガってしまうという秀逸なギャグ。

2009y05m22d_202832781

さらに古い話ですが、ぼくの麻雀の師匠は朴(パク)さんという鬼瓦のような顔をした、高田馬場の中年男性でした。朴さんは、麻雀で勝ちすぎた時、四アンコ・タンキをわずか1巡目後に、ピンフ・イイペイコでアガっておりました↓。

2009y05m22d_202843656

2009年5月22日 (金)

裏目裏目裏目

2009y05m21d_224729281

↑序盤にこのテンパイは、さすがに取りたくありません。(1)切りで1シャンテン戻しに↓。

2009y05m21d_224738218

即裏目の(3)を引いて5ソ切り。2009y05m21d_224746328

さらに(7)ツモで(2)切り↓。

2009y05m21d_224754343

七ツモで、2件リーチが来て降参しました↓。

2009y05m21d_224813046

2009年5月21日 (木)

清水香織プロ

2009y05m20d_142740468_2

ギャル雀の元祖「ポリエステル100%」からデビューした、女子プロ第一号は最高位戦の渡辺洋香さん。それにプロ麻雀連盟の清水香織さんなどが続きました。清水さんは王位やプロクィーンなど、数かずのタイトルを持つ強豪で、フリー雀荘「ブルードラゴン」の専属プロでもある。先日の「雀皇さま戦」(じゃんのうさま・近代麻雀オリジナル)でも優勝し、タイトル・ホルダーの強さを見せました。写真は数年前のブルードラゴンの大会で。左から伊藤優孝プロ、清水香織プロ、右は山崎です。ブルードラゴン

棒テン拒否

↓2トイツ残しの1シャンテンです。

2009y05m20d_140441765

↓ツモ五で、いったん2トイツを放棄して、一切りにしてみました。

2009y05m20d_140504921

↓3ソ切りの2トイツ残しは、次ように(5)か(4)を引いた時でも良さそう。

2009y05m20d_140534078

↓最終形はピンズで雀頭ができて、こんなリーチになりました。

2009y05m20d_140553671

↓もし、五を引いた時点で、3ソ切りの2トイツ残しにすると、四や2ソがアンコになってテンパイした時に、ドラ受けとタンヤオが消えるのが寂しいですよね。

2009y05m20d_142103062

2009年5月20日 (水)

2トイツ2択

2009y05m19d_203205703

お客さんが少なくて立ち番が3人(+山崎)になったので、2トイツ残しの2択を勉強しました。(3)や5ソ切りで三アンコを狙う、というクルーは、一人もいませんでした。やはり2トイツ残しで、最速のテンパイを狙うのが効果的です。

麻雀天鳳最強戦

2009y05m19d_042607828

今年も最強戦の季節がやってまいりました。オンライン麻雀の天鳳からもエントリーできますので、ぜひどうぞ。

「親方、最近天鳳で打ってます?」実はパソコンを新しくしたら、IDその他が行方不明になってしまい、少し休戦中です。たぬの麻雀大会の「大たぬカップ」は8月ごろを予定しております。

2009年5月19日 (火)

メンチン

2009y05m19d_004159000

↑理想は一四を引いて5メンチャン。↓せめてピンフかイッツーを。

2009y05m19d_004209671

↓この際、メンチンに。

2009y05m19d_015930343

↓テンパイはしたものの、待ちがイマイチ。

2009y05m19d_015935265

↓今度こそ最終形のようですが、タンヤオかイッツーかで迷いました。

2009y05m19d_004251265

佐伯俊男初期作品集

2009y05m18d_010040046

ペーソスのボーカルの島本慶さんは、自分で編集プロダクションを経営する他に、青林工藝社(ガロ⇒アックス)という出版社の株主でもあります。同じくサックスを担当する末井昭さんも、白夜書房の社員でありながら、同社の株主です。おそらく、共通の友人の南伸坊さん(イラストレータ)が、かつてガロの編集長だった関係で、株主になったんじゃないかと思います。

「山ちゃん、青林工藝社から出た、佐伯俊男の初期作品集プレゼントするよ」ありがたいんですが、表紙だけを見ても分かるとおり、小学校の図書館などには不向きな本です。

2009年5月18日 (月)

王牌君

2009y05m17d_095125114

理想はドラ表示牌の7ソを引いて4メンチャンン・リーチ。そんなワケにもいかず(8)ツモでテンパイ。

2009y05m17d_095133443

ヒッカケのカン7ソ待ちは3枚、ドラ切りのシャボ待ちも同じく3枚。4ソ切りでリーチをかけましたが、フリー雀荘で打つレベルなら、そう簡単には出してくれそうもありません。さっそく(8)を引いて裏目。やはり誰もロン牌を出しません。流局直前に5ソを引いて、またしても裏目…とかじゃなくてこれは暗カンですね。王牌君が意外と甘くて、リンシャン・カイホーになりました。

点差上級編

Tanutanu12402627723461691

子でツモった時の6つの点差表を丸暗記しましょう。

上級編⇒ワキどうしの点差(3通り)が暗算できると、他家が目指してる点数が分かります。自動卓やネット麻雀も、自分との点差しか表示されないので、これも優位性につながります。

2009年5月17日 (日)

音楽喫茶

昔はオーディオやレコードが高かったせいもあり、音楽喫茶がたくさんありました。前に紹介したクラシックの名曲喫茶の他にも、ジャズ喫茶、ロック喫茶、ブルース喫茶、シャンソン喫茶、フォーク喫茶、歌声喫茶など色いろ。今は高品質の音楽が、いつでも手軽に聴けるようになったので、こうした音楽喫茶のほとんどが廃業してしまいました。

2009y05m11d_201209448

たぬ水道橋店の近く、三省堂書店本店の裏通りには、創業50年以上になる、タンゴ喫茶「ミロンガ」が、今も健在で根強い人気です。ご近所には、やはり老舗の「さぼ~る」や「ラドリオ」などがあり、レトロ喫茶のコロニーとして有名です。店内でiPodを聞いてるお客さんがいて、何を聞いてるのが気になりました。

46の危険スジも5と同じ2本

2009y05m16d_134335281

「五の裏スジの2本は間4軒並みに危険」ただし、裏スジとか間4軒などの専門用語とは関係なく、五をマタいでいない無スジは、その2つしかないからだと。では先切りの四(六も)の場合はどうでしょう。
2009y05m16d_134625906
「マンズなら裏スジの五八が本命」 と反射的に読みがちですが、六九より危険な根拠は見当たらない。なので危険スジとしては、五の裏スジ2本と、あまり変わりないんです。 五八か六九のどちらを勝負する時は、裏スジかどうかよりも、どちらが失点の大きいいかを、考えたほうがいいと思います。(近代麻雀より)
 
 

2009年5月16日 (土)

他家のアガリを祝福

2009y05m14d_055239818

こんなリーチをかけてみました。目標はマンガン・ツモです。ところが親が七を無造作にツモ切り。まずい、ドラの五のカベかもしれないぞ。案のじょう、ドラを暗カンされて万事休す。「追いかけられませんように」と祈っていたら、リンシャンでツモ。

2009y05m14d_055217755

8千オールを心から祝福いたしました。

2009年5月15日 (金)

全自動卓はManabu Kasanoさんに

「ハネツモ条件の時、チートイツのみをテンパイしたら、ドラ引きを待たずに即リー。ツモって裏ドラに賭けたほうが有利」 かどうかの検証に、たくさんのレポート(約40通)ありがとうございます。
いずれも力作&労作で、ぼくが考えていなかった点まで言及し、あるいは条件を整えて検証したレポートを、たくさんただきました。
ぼくには難しすぎるレポートは、大阪商業大学学長の谷岡一郎教授にチェックしていただきました。甲乙つけがたい力作揃いの中、今回はManabu Kasanoさんが当選いたしました。詳しくは後日紹介いたします。惜しくも選に漏れたかたも、まだチャンスはありますので、引き続き、ご協力お願いいたします。

2009y05m14d_194214312

五の裏スジ2

「でも、裏スジてけっこう当たるような気がするんだけど…」こういう感想を持っているみなさんも、多いと思います。ぼくも反射的に使ってます。

2009y05m13d_154646261

それを強く意識するのが、五の早切りのパターン。たとえばフリー雀荘に行くレベルや、ネット麻雀の上級卓で打つ雀士なら、このリーチに対して、五の裏スジの一四や六九を無造作に切ることはまず無い。マンズならその2つが本命視されるのが常識だからです。
5の裏スジは実質的には間4軒と同じ構造だとぼくは考えています。
つまり、五と架空のゼロ萬との間4軒。五と架空の十萬との間4軒、という具合です。五をマタいでない待ちは、その2つしか無い、というだけなんじゃないかってね。(架空の十萬は循環すれば一)
一の裏スジの二五が危険というのに比べると、こちらは2倍くらい危険なんじゃないでしょうか。

2009年5月14日 (木)

五の裏スジは間4軒と同じ

(近代麻雀より)「裏スジが役にたつのは、クッキリと間4軒になった時と、カンチャンから手変わりリーチの時くらい」と前回述べました。

2009y05m13d_120056105
これは間4軒なので、マンズ待ちなら二五が本命。(マンズは手出し)しかし、一が無い場合は

2009y05m13d_120136526
二五がだけが本命とは言えなくなり、一四も同じように危険になる。冒頭の間4軒は、間4軒だから二五が危険なのではなく、単に一が通っているから、二五が本命になるだけだと思います。

2009年5月13日 (水)

250円弁当

2009y05m12d_141404120

山手線の鶯谷駅の近くにある、元祖「250円弁当」を見学に行きました。高校時代からの親友が経営する4店舗の一つです。現在全国に、100店舗以上の250円弁当を扱う店(スーパー・マーケット含む)があるんですが、初期の店の多くが、この店で研修してから、始めてるんです。30年前、260円のノリ弁当の安さとウマさに仰天しましたが、250円でオナカいっぱいとは驚きです。

2009y05m12d_141456651

「スーパーは客寄せのために、利益無視でやってるところもあるけど、ウチはこれだけで24時間営業して、利益を出さにゃイカン。食材のロスはもちろん、容器ひとつ割り箸1本のムダで利益が飛んでしまう」

親鳥

久し振りに親のトリプルを見ました。どうやら4メンチャンのようです。

2009y05m12d_144609026

たぬでは、普通のトビは切り捨て清算ですが、箱下一万点を超えると、ペナルティが付く。「どうせトビだから…」という暴牌を制限するためです。

2009年5月12日 (火)

リーチ代走

「代走お願いします」たぬでフリーデビューしたばかりの、若いお客さんに呼ばれました。ところが本人が3フーロしており、フリー雀荘では代走に入れない状況です。「申し訳ないんですが、代走は配牌の時か、リーチの時にお願いします」「あ、分かりました」

「リーチ代走お願いします」また声がかかりました。卓につきながら待ちを確認したら、なんとノーテン。しかも、他家からリーチが入ってるんですけど…

フーズボールって何?

鷺沢萠さんの単行本「少年たちの終わらない夜 」に「ユーロビートじゃ踊れない」という中編がある。若い主人公たちが遊んでいるバーのシーンに、フーズ・ボールというモノが出てくるんですが、外国語にうといぼくは、なんのことだか分かりませんでした。牛丼のことはビーフ・ボールって言うみたいだし…もしかしてペットのエサ入れのフード・ボール?

2009y05m05d_063806953

実際にはまったく違ってて、テーブル・サッカー(フット・ボール)のことでした。

2009y05m06d_171239359

鷺沢さんは英語やハングルにも堪能。焼肉屋で白人客が、ハングルと日本語のメニューに肩をすくめているのを見て、ハングルと英語で説明してあげてました。

2009年5月11日 (月)

人和(レンホー)は無し

ぼくが打った卓で、地和(チーホー)もどきが1つ、ダブリー2つありました。もどきというのは、南家の第一打に対して、北家が「ロン、人和」と倒牌。残念ながら、たぬでは人和を採用していないので、牌を倒してしまうとチョンボ(役無し)になってしまいます。もし、第一ツモがアガリだったら地和の役マン、そうでなくてもダブリーのチャンスだけに、もったいないです。

一方ダブリーは、ぼくが1ソ4ソ待ちのピンフで流局。常連さんが(1)(4)のイイペイコで流局。ダブリーのリャンメン待ちを、流局までにツモる確率は70%くらい。ロンも合わせると、たいていアガれそうな気がするんですけどね。トホホ。

2009年5月10日 (日)

一打が命取り

みなさん、おはこんばんちわ!!
最高位戦復活Aリーガー、フェニックス村上です。

今期のAリーグは現在第4節まで終了しております。全12節なので3分の1ですね。初日を終えた時にはマイナス100オーバーの11位、二年前の悪夢がよみがえって来たのですが…とりあえず現在マイナス30ちょいの7位、二年前のようにズルズルとマイナスを重ねることにはなりませんでした!

とりあえずホッと一安心しております。あと8節、とにかく1打1打集中することだけ考えてやっていきます!!応援よろしくお願いします!!

では4月のゲスト成績です。

1244211444
マイナス12000P
(トータルプラス176000P)


やっちまいました!!なんと10回打って半分ラス!!特に最後の2ラスはかなり冷静ではなかったです!ようは熱くなってました…ホントにまだまだ未熟者です…

今回は半荘8回目にしてしまった痛恨のアガり逃しを紹介します。
東2局南家、4巡目にこの形。

20090510_1

ストレートに打つなら七萬切りですが、すでに7ピンが1枚切れ、六萬や八萬引きも考えて打5ソウとしました。すると次巡のツモが2ソウ。七萬も1枚切れだったのでここで打七萬。

20090510_2

カン7ピン5200テンパイは逃しましたが、まだ5巡目、この時はそんなにひどいことにはならんだろう、と思っていました。6巡目、五萬ツモで次の14枚に。

20090510_3

七萬が3枚見えていて、五八萬待ちのリーチは悪くないです。先に五八萬を引いても36ソウ待ちリーチですし、8ピン切りで裏目の7ピンを引いてもフォローはききそうです。4ソウ引きも嬉しくなく、よって完全な裏目はツモ8ピンだけ、五八萬の6枚のほうが大事です。なので打8ピンとしました。

20090510_4

本当は5ソウ引きも裏目なのですが…

同巡、トイメンの北家の方が3ソウ切りリーチと来ました。まあこれを捕える手順はないので仕方ないのですが、次巡の自分のツモが7ピン!!とりあえず五萬を勝負してこの形。

20090510_5

覚悟していたとはいえ、自分の河に5ソウ・8ピンと切られてます(>_<)

7巡目なので、先制リーチがなければまだまだアガれそうなんですが…下家の方が3ソウ切り、リーチの方も3ソウ切りで3ソウが3枚見えてしまい、ますますダメそうになった次巡、ツモって来たのは赤5ピン!!

20090510_6

2ソウ切りでタンピン赤赤ドラドラ、ダマテンでハネマンになりました!!

だがしかし3ソウは三枚切れ…その後ツモ5ソウ、ツモ5ソウと来て、36ソウは切られることなく、とうとう三萬を持って来て放銃となってしまいました……

最初の5ソウ切りは後悔していないのですが、次の8ピン切りがダメでした!5ソウ引き戻し、カン7ピンチーなども考慮すると、五萬ツモ切りが正解でしたね。

麻雀、本当に一打が命取りです(>_<)
最近こんなことばっかり書いてる気がするので、来月こそは頑張ります!!

オーディオ・マニア

2009y05m06d_193755125

屋根から飛び出した、巨大スピーカーのことを教えてくれたのは、かつて中野駅北口にあった名曲喫茶「クラシック」の、オーディオ担当者。「あの屋根から飛び出した部分は、自作の低音用スピーカーのコイル部分でしょう。おそらく天井裏にスピーカー本体が下向きに付いており、徐々に広がる大きなパイプで真下に降りた音を、床付近の巨大開口部から手前に出していると思います」

このオーディオ担当者も当然マニア。店の低音用スピーカーのコーン部分(振動部)は、鹿の皮を専門家になめしてもらって作ったそうです。当時はLPレコードの時代ですが、この店では前世代のSPレコードに、竹製の針を乗せて再生。その針は自分で作っておりました。

無理なく三色

2009y05m09d_135005468

女性のお客さんの1シャンテンです。(5)を残しているのは、赤牌期待と、5ソ引きによる567の三色狙いのようです。ここに二ツモで迷わず(5)切り。

2009y05m09d_135017046

なるほど、先に七を引けば無理なく三色ですね。また、冒頭の牌姿で(5)が雀頭になっても、八切りでやはり三色が狙えます。

2009年5月 9日 (土)

6つの点差表

子でツモった時のワキの子との点差、親との点差を丸暗記して、逆転に備えましょう。40符(20符)の65・78だけでも覚えておくと便利です。

30符14・16/25・30/⇒2倍。40符19・22/34・40/65・78。50符80・96⇒下へは半分。

Tanutanu12402627723461691

本店のゆきさんが、クルー用に作ってくれたもの。携帯カメラが便利かも。(繰り返し紹介してます)

2009年5月 8日 (金)

王牌君

2009y05m08d_011502968

ぼくを含む3人が、タンヤオや形テンで鳴きまくっている時、ある常連さんが黙々と手作り。流局してみたら、なんと四アンコタンキ。捨て牌には4ソや5ソがあるので、どうやら四アンコ以外はアガるつもりがなかったようです。待ち牌の白は2枚切れ。誰でもツモ切りしたハズですが、王牌君がガッチリ止めてました。これはもし、リーチしてたらソーズは暗カンできませんよね。

巨大スピーカー

2009y05m06d_190959546 

昔のジャズ喫茶やロック喫茶で大音響を響かせていた、巨大スピーカーの「JBLパラゴン」。今でも高田馬場のカフェ・コットンクラブの、2階に鎮座しております。

当時、総武線(中央線)に乗ると、中野駅近くの一軒の住宅の屋根から、2本の大きなツノ(角)のようなものが飛び出しているのが見え、それが何なのかいつも気になってました。後で知ったんですが、なんと部屋に収まりきらない、巨大スピーカーの一部だったんです。低音を出すために、いくらデカいスピーカーが必要とは言え、デカすぎですよね。

やがて、小さくても十分な低音が出せるスピーカーが登場し、大型スピーカーを駆逐。メーカーのBOSEボーズ)は、丸儲けしたそうです。

2009年5月 7日 (木)

テロリストのパラソル

だいぶ前ですが、新潮社の中瀬ゆかりさんに拉致されて、作家の藤原伊織さんと白川道さんが、たぬ本店の4階に遊びに来てくれました。二人とも無類のギャンブル好きなので、無頼派と呼ばれることが多い作家です。

2009y05m06d_172140625

藤原伊織さんの、直木賞受賞作「テロリストのパラソル」が文庫化されたので、どうやらその莫大な印税を狙っての拉致らしい。しかし藤原伊織さんは、数々の勝負の修羅場をくぐり抜けて来たツワモノ。中瀬さんのほうが、あえなく返り討ちに遭っておりました。

後日、西原理恵子さんにその話をしたら、こんな感想が。「師匠なんか(山崎のことです)、麻雀のおかげでイオリンとつきあえるけど、本来なら身分違いでクチも聞いてもらえないよ。東大卒で電通に入って直木賞作家だもん。なんちゃってギャンブル・ライターとは違うんだから」仰せのとおりでございます。「ま、白川さんなら、経済犯で実刑を食らってるような人だから、師匠にはお似合いだね」

0点→8万点越えの軌跡(奇跡)

今日はGW最終日ですね!!皆様、明日からまた仕事やら学校やらあると思いますが、頑張りましょうup

昨日新宿店の本走に入っていた時のこと。私が東パツで満貫確定リーチをしたら、一鳴きの親に12000を振り込み・・・続いて東二局で子に12000を振込み・・・東3局でショボーンチボーンとなっていたところに来ました親番。

残り点は・・・言わずもがなheart01もう何もかも諦めていたところで、期待せず挑みました。だって何ツモられてもトぶしー、リーチかけられないしーwobbly

そしたら、黙々と手を作っていくうちに、タンヤオ・イーペー・赤で上がれました7700!!あは、よかった。

続いては赤・赤・撥バックの5800で連荘。わーい、ラッキー。

3本場では中・ドラで2900ツモ上がり。よし、連荘連荘。

地道に稼いでいると次の局で来ました満貫手!!メンピン・赤・赤・裏。あれ、いつの間にか原点越えてる。

そして調子に乗りーの、ドラ集まりーの、リーチするーの、「ロン!」メンピン・一発・赤・ドラ・裏・裏で18000!うふふ。

6本場では、終盤でチートイ・ドラ3を張ったものの、申し訳なくなってきて、リーチはかけなかったのですが、「ロン!」ごめんなさい。

そして、トドメの7本場では、一段目で赤1・ドラ3を張り、役がないので仕様が無リーチ!一発で「ロン!」18000は、20100・・・ラストでーす。

点数を見てみると、なんと8万点越えに!!麻雀って何があるか本当に分かりません。こんなこともあるのです。ですから皆様、いくらトびそうでも、最後まで諦めずに戦って下さい!!というメッセージを伝えたかったのですshine

今日は、トップ一回も取れなっかたショボくれリッキーでしたscissors

アンコのスジ

お客さん2人がリーチ。もう一軒もホンイツ・トイトイ模様の3フーロ。リーチ者の一人が五を暗カン。新ドラが二で、リンシャンからお約束の二。「げっ」とのけぞったもののセーフ。

実は三が枯れて二が2枚切れなので、ほぼ安全牌。ワンテンポ置いて、照れ笑いしてました。気持ちは良ーく分かります。

2009年5月 6日 (水)

ダブリー

先日フリーで打っていたときのことです。

いつもどうり負けまくっている私は、そのときもラスを引いて「さあ次の半荘だ!」と気合を入れ直して配牌を見る。可もなく不可もなくってな感じ。そんな時、第一打目から親が長考。「リーチ!」いきなり親のダブリーをくらう。安牌は一つも無い。困っているとなんと南家まで「リーチ!!」と世にも珍しい2軒ダブリー。終わった(泣)と絶望していたら南家の宣言牌に親が「ロン!!」西家だったので一回もツモらずに終わりました。

ダブリーといえば、だいぶ前ですがこんなことがありました。親のダブリーに南家がぺちっと字牌を切ったらそれが「ロン!!」なんとこんな牌姿でした。

2009y05m06d_005107250

きれいな13面張ですね。これは南家に座ったひとがかわいそうです。こんなの振り込んだら逆に楽しくなってきそうです。この手で親のダブリーをかけられる確率ってどのくらいあるのかが気になる新宿店のやよいでした。

愚形リーチで暗カン

愚形でリーチをかけて追いかけられた時は、カン材があっても暗カンしないことがある。リンシャンツモや得点アップよりも、放銃回避を優先したい時です。カン材が字牌などの安全牌なら問題ないんですが、危険牌の場合は暗カンもやむなし。

そんな状況で引いて来たのがカン材の赤五。「カン!」追いかけリーチ者の顔が、心なしか曇ったみたい。で、リンシャンからお約束の二。リーチ者の顔が、パッと明るくなってロンでした。@新宿店。

麻雀NOW杯

2009y05m05d_123116078

オンライン麻雀の天鳳で宇佐美うみプロや片山まさゆきさんが応援する「麻雀NOW杯」が行われます。 5月6日18時より。

2009年5月 5日 (火)

テンパイの誘惑

東パツ、序盤に親からリーチ。南家で降りていたら、偶然チートイツをテンパイ。「誘惑に負けないぞ」ぐっと辛抱して現物のトイツ落とし。「あ、勝負すればアガってた」再度テンパイするも冷静に降り。

そうこうするうちにアンコが増えて、ハイテイ2巡前に四アンコのテンパイ。「一発ツモとハイテイの、二度美味しい。リーチ!」その時、頭をよぎったのは、アンコが3つあるけど、ハイテイでは暗カンできないこと。一発無しでいよいよハイテイ。幸いにもカン材じゃない…けどドラやんけ~。「ロン、18000点」@新宿店

知ったかぶり

新宿区中落合の佐伯公園にタケノコが生えました。洋画家・佐伯祐三のアトリエ跡です。最近は不況のせいか、都内のタケノコが盗まれるそうですね。

若い頃、スイスのジュネーブの旧市街を散歩(いきなり変わってすみません)してたら、画廊のウィンドウで見覚えのある1枚の油絵を発見。「佐伯祐三みたいだね…」同行者に知ったかぶりをしたら、当時知らなかった荻須高徳の作品でした。

2009y05m03d_053842078 2009y05m03d_053452750

左(上)が佐伯祐三、右が荻須高徳。今も見る目がありません。

2009年5月 4日 (月)

ツモ切りリーチ

東1局。ぼくが五をポンしたとたん、トイメンがツモ切りリーチに来ました。一発で掴んだのが二。「二五のリャンメンなら即リーだろう…」ツモ切りで「ロン!」

2009y05m03d_101501390

やられた~。「リャンメンなら…」というのは推理にも何にもなっていませんね。

2009年5月 3日 (日)

井出洋介プロ

2009y05m01d_191339247

先の最高位戦のパーティーでは、たくさんのOBのみなさんが、祝辞を述べていました。麻雀連合の井出洋介プロもその一人。かつては最高位戦の代表も務めたこともあり、最高位だけでなく名人位も5回獲得した強豪です。タイトルももちろんですが、麻雀連合移籍まで10年以上Aリーグを維持していたのも凄いと思います。

パーティー会場で金子正輝プロにそんな話をしたら、「井出ちゃんはたいしたもんだよ。もっともオレは33年Aリーグだけどね」だって。おみそれしました。

ハンゲでポンの井出洋介プロ

2009年5月 2日 (土)

中瀬ゆかりさん

2009y05m01d_112701778

西原理恵子さんのバラハクのレセプションに行きました。「ギャハハハッ」というオバハン独特の笑い声が、パーテーションのむこうから聞こえて来る。顔は見えなくても、西原さんの遊び仲間であり、ぼくらの麻雀仲間でもある、新潮社の名物編集者の中瀬ゆかりさんです。だいぶ前のことですが、たぬで仕事中のぼくに、中瀬さんから電話がありました。「親方ぁ、麻雀のメンツが足りないから、つきあってくれない?」「今日はちょっと…」「イオリン(作家藤原伊織さん)に、また莫大な印税が入ったんで、今アタシが捕獲してるよ」「じゃ、卓を用意しておきます」中瀬ゆかりさん

2009年5月 1日 (金)

清老頭!!!

先日、清老頭に打ち込みました。僕は親でリーチをかけていたのですが、そのときの僕の牌姿が

2009y05m01d_032252031_2

リーチをかけた時点で対面が

2009y05m01d_033342609

の仕掛けをしていました。僕は「まぁ混老頭かドラ入りのトイトイ、もしくは役牌アンコくらいだろう。」と思ってリーチをかけました。すると、対面が何やらつっぱってくる・・・。「うーんまさか・・・コレは・・・マズイ・・・」と思っていたところ、何を思ったか下家のとあるメンバーが・・・親リーに対しても無スジな2009y05m01d_035417172 をペシっと切りました。

当然のようにポンされ・・・2009y05m01d_035823922 のラス牌タンキに打ち込み。

2009y05m01d_040117094 の清老頭でした。

リーチがいけないのか下家のメンバーがいけないのか・・・。たぶん二人ともダメですね。

お酒が入ってて、みんな上機嫌で打牌甘すぎのクルー同士のセットの一幕でした。まぁセットなんで楽しんでワイワイ麻雀できればいいんですが・・・。

あがったクルーは今まで見たのとも無いようなニヤリで僕を見てきました。あー・・・。

新宿店 琢磨

たぬソフトバンク店開店

047474

サクサク麻雀たぬアイモード店に続いて、ソフトバンク店も開店しました。よろしくお願いいたします。おたぬきクエストというので全国制覇しましたが、ボスキャラ(おたぬき様)がけっこう強くて難儀しました。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

最近のトラックバック