« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

模打マシン

2009y04m29d_160205158

今日は4店舗すべてでかなりの回数打ちました。最後のほうは、疲れたせいかヘンなポン。でもマンガン。常連さんと2店舗で同卓してニガ笑い。過去に一度だけ、1日に4店舗すべてで、遭遇したお客さんもいました。

2009年4月29日 (水)

ムーンウォーク

2009y04m28d_084825314

雀頭無しでイイペイコ完成。ここに2ソや5ソを引いたら(ピンズも)、七切りでイイペイコを崩して、三色を狙うこともできます。

2009y04m28d_084835251

でも、三色が2種類になると迷いそうですね。

2009y04m28d_085630033

ラーメン山岡屋

2009y04m28d_025733236

ぼくが「ほっかほっか亭」経営時代にお世話になった、山岡正さんのラーメンの山岡屋から、株主総会の報告書が届きました。貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計画書・株主配当などのお知らせです。この不況の中、チェーン店全体はもちろん、既存店ベースでも前年度対比の客数をクリアし、株主配当もしっかり出しているのに驚きました。

西原さんとの共著「高田馬場の三馬鹿物語」(竹書房)に「山岡屋さん、高田馬場にも出店してくれ」と書いたのが通じたのか、本店の近くに都内一号店ができました。ぼくが観察したところ、山岡社長から聞いていた損益分岐点を、軽くクリアするほどお客さんが入ってます。都内一号店が成功すれば、当然二号店を狙うと思います。「次はどこだろう?」と推理するのも、ファンや株主の(1株)楽しみのひとつです。

2009年4月28日 (火)

城みちるさん

2009y04m27d_144951267

西原理恵子さんとぼくの麻雀対局物に、角川書店の「サクサクさーくる」がある。ゲストのひとりが、ぼくの学生時代の麻雀仲間で、往年のアイドル歌手の城みちるさん。知り合ったのは高田馬場の雀荘。当時は二人とも駒沢大学に在籍していたんですが、大学で会ったことは一度もない。徹マン明けに「これからに大学に行ってみようか」と、一緒に出かけてみたんですが、けっきょく大学の正門の前の雀荘に入ってしまいました。

みちるさんはチンチロリンも好きで、なんと一晩で百万円勝ったこともある。数日後、みちるさんはアメ車のマスタングで乗りつけ。助手席には女性アイドル歌手のSさん。「この前勝ったぶんを頭金にして買っちゃったよ」と笑っておりました。その後ボロ負けして、車とSさんは手放したようです。

イルカに乗った少年

2009年4月27日 (月)

バラハク開催

2009y04m27d_065603298

西原理恵子さんの、漫画家生活25周年を記念して、サイバラ博覧会バラハクが開催されます。5月1日から5月25日、渋谷パルコパート1の6階「パルコファクトリー」です。たぬ各店の、西原さん直筆の壁画写真なども紹介。ぼく(山崎)もコメントを寄せました。

女子プロ対局

2008y05m05d_2229295151

こんにちわ、親方こと山崎です。4月27日(月)夜21時から2時間ほど、理子さんといっしょにハンゲームで遊んでいます。ごいっしょにいかがですか。HI半荘の交流広場、割れ目なしのクイタンあり、ロビー番号は当日お知らせ。部屋名は「たぬ御殿」です。検索はハンドルネーム「おやかたの」で。希望者が多い場合は1回交代でお願いします。お待ちしております。

2009年4月26日 (日)

ホンイツ 新宿店ひろこ

2009y04m26d_143957357

南場の親番6000点持ち。満貫は欲しいところ。②でテンパイはとれるのですが、どうしてもドラを引き入れたい。

2009y04m26d_144020455

上家からでた⑥をポン。①を切って待ちを増やして③④待ちにしました。①は下家にポンされました。

2009y04m26d_145541947

続いて上家からでた⑨をチー。③を切って④⑥⑦の三面張でテンパリ満貫にまで育ちました。(⑥は純カラですね)最終形はこの形になりました。その③は下家にポンされました。結果④をつもってホンイツドラ2の満貫で12000点でした。みなさんだったらどう手を進めますか?

ちなみに親方さんはメンゼンで満貫以上の手に育てるそうです!!さすが笑

2009年4月25日 (土)

麻雀研究家

2009y04m24d_171514564

麻雀研究家のベンジャミンさん(フルブライト奨学制度)は、現在「風営法とその運用実態」というテーマに取り組んでいるそうです。たくさんの麻雀関係者にインタビューしてデータを分析するんだとか。ベンジャミンさんは、日本とアメリカのギャンブラー気質も研究しており、あるコラムに次のように書いてました。「日本のギャンブラーは、確率や統計を無視する人が多い」

ベンジャミンさんのブログ

ピンフとタンヤオ

2009y04m24d_044012361

トップ目のお客さんの1シャンテン。食いタンもありかな、と思っていたら絶好の(3)ツモ。ここでの選択は次の2つ。

2009y04m24d_044031814 2009y04m24d_044040454

少考の後ドラの(1)を切ったら、親のチートイツ・ドラドラに放銃。一打で逆転されてしまいました。6ソ切りのピンフのほうが、7枚待ちと多いんですが、ソーズのクッツキの多メンチャンを、期待したのかもしれませんね。

2009年4月24日 (金)

メンゼン大三元

2009y04m23d_173530329

本店のお客さんが、終盤にダマで發をロン。「チートイツかな?」三元牌は1枚ずつ切れていたので、そう思ったんですが、なんとメンゼン大三元でした。捨て牌に六七とあるのでどうやら役マンの決め打ちだったようです。お見事!

浅田次郎さん

2009y04m21d_003437406

「親方、浅田次郎さんをご存知ですか?」20年近く前、徳間書店の「アサヒ芸能」で、ぼくがパチンコの記事を連載してた時、担当編集者に聞かれました。「いえ」「良かったら読んでみてください」その時プレゼントされたのが、同じ徳間書店の「プリズンホテル」。一読してそのおもしろさに惹かれました。続いて「地下鉄に乗って」(徳間書店・95年吉川英治文学新人賞)にも圧倒されてしまいました。聞けばその編集者は元もと徳間書店の文芸部にいたそうで、浅田さんの担当かつ熱心なファンなのだそうです。「あの才能が40歳まで埋もれていたのが信じられない。絶対にブレイクするハズです」と熱弁をふるっていましたが、まさにそのとおりになってますよね。

浅田さんは麻雀にも造詣が深い。あるタイトル戦で、観戦記者として立会いましたが、小説家らしい緻密さと、自衛隊出身らしい?豪快な打ちスジに、唸らされてしまいました。現在、週刊文春の「一刀斎夢録」などを連載しています。

2009年4月23日 (木)

裏目

2009y04m22d_074734500

ダントツのお客さんがイイペイコ確定でテンパイ。五切りのダマかな、と見ていたら意外にも四切りのダマ。

2009y04m22d_074851843

どうやらドラの白引きに備えて、チートイツ目を残したようです。すぐに3ソを引いて五切りの1シャンテン戻しに↓。

2009y04m22d_074900531

もしかしたらメンホン・四アンコの超大物手になるかも。待望のテンパイ直後、裏目の五を引いてガックリしてました。

2009y04m22d_193755453

どうやら、3ソがアンコになった時点で4ソが1枚切れていたみたいです。

十二社温泉と浅田次郎さん

2009y04m21d_003241484 

作家の浅田次郎さん(直木賞など多数受賞)は、新宿からほど近い中野の出身で、幼いころは新宿西口にあった、広大な浄水場でよく遊んだそうです。現在では都庁などの超高層ビルや、西口公園のあたりです。

JR新宿駅の西口は地下にあり、そのまま西新宿のほうに地下道を進むと、いつのまにか高層ビルが林立する地上に出る。実は、そこが昔の浄水場のプールの底なんです。浅田次郎さんは十二社温泉のファンでもあり、時々利用していたと聞きました。

2009年4月22日 (水)

アンコは本当に危険か?

「勝負手は全ツッパ。裏スジも間4ケンも、アンコのスジもドラ表示牌も関係ない。絶対に当たりだと思う牌も切れ」
20年以上前、このコーナーを書き始めたころ、こんな主張をしてヒンシュクを買ったことがあります。その当時は
「ロン牌は読める」
「読めないで放銃するのは恥」
という考えが一般的だった時代です。ぼくも学生時代に記事を書き始めたころは、読みの基本のひとつに、裏スジや間4ケンを、受け売りで書いておりました。 

さて、アンコが危険だという理論は、
「シュンツ構成をする時に、アンコで持たれている部分は、そうでない部分よりも確率上引きにくい。よってロン牌になりやすい」
というもの。

2009y04m20d_215509937

リーチ者が、もしこんな1シャンテンだった場合↓、

2009y04m20d_215530250

こちらから見ると(25)がたくさん見えているので危険というワケです↓。

2009y04m20d_215523781

でもこれは、もしこんな1シャンテンだった場合、という前提に無理がある。 そうじゃない場合のほうが、圧倒的に多いからです。ここが勝負時だと思ったら、推理などやめて真っ向勝負なのだ。(近代麻雀より)

 

大阪春一番

2009y04m04d_201306625

そろそろ還暦も近いペーソス。5月4日(月)は、大阪服部緑地音楽の森で行われる、一大野外コンサート「春一番」に、大先輩のミュージシャンたちに混ざって出演します。「二千人くらいの聴衆を前に歌うのって気持ちいいよ。大阪のお客さんは特にノリがいいし」春一番

2009年4月21日 (火)

裏スジは本当に危険か?

近代麻雀のぼくの記事から。

2009y04m20d_234641437
「裏スジは危険、特に六の裏スジと一の裏スジが複合した二五待ちは本命」

というセオリーがあります。確かにマンズでは二五は本命ですが、その根拠は、単にマタギ以外のリャンメンでは、二五だけが通ってないからで、裏スジかどうかはあまり関係ない。裏スジが役立つのは、クッキリと間4ケンになった時と、カンチャンからの手変わりリーチの時くらいだと思います。

2009y04m20d_234649656

↑例えばこんな捨て牌なら裏スジの二五が一四よりも危険だという根拠は特にありません。ソーズに関しても、
「8の裏スジの47が本命。5689からのペンチャン落としが考えられる」
というのも、やはりそれほど根拠がない。それ以外の通っていないソーズも同じように危険です。極端な話、一切りのダブリーには裏スジは関係ない。たまたま手の内に数牌しかない場合は、裏スジの二切りのほうが、カン二待ちの可能性が少ないだけ、マシかもしれないんです。結論、裏スジはあまり気にしない。何待ちかを推理するよりも、何が通りそうかのほうが大事だと思います。

十二社温泉(じゅうにそう)

2009y04m19d_225404031

たぬ新宿店から徒歩10分、西口公園(中央公園)を通り抜けた所にある「十二社温泉」が、3月末で閉鎖。ぼくは若いころに西口公園でホームレスをしていたので、たまに利用してました。たぬ新宿店ができてからは、麻雀で疲れた時などに休憩。本当に残念です。ビルの地下にある湯船で黒いお湯につかりながら、開業以来50年の常連さんのおじいさんから聞いた話。「私が子供のころは、この辺りは湿地帯でね。温泉のボーリング調査をしてた時から知ってますよ。開業以来この黒湯(ヨード色のお湯)とのつきあいだから廃業は寂しい。麻布十番温泉も去年無くなったしね」

2009y04m19d_232256484

十二社温泉前から見た西口公園と都庁。

2009年4月20日 (月)

サイバラだす

2009y04m19d_122236187

師匠とぽん社長ともひとり、謎の、社長と接待麻雀しました。

ほほほほ。

ごちそうさまでした。

2009年4月19日 (日)

先切りだったか?

新宿店に漫画家の西原理恵子様御一行が来店。西原さんがリーチ。「しまったあ!」と叫んだのがFXぽん社長。

2009y04m18d_014152218

リーチと同時にメンホンのテンパイ。現物の九はあるけど五を勝負! 「おっぱち!」「く~、先に切っとけば良かったあ」

2009y04m18d_014031046

なるほど、五は3トイツ目なので待ちが増えるのは2枚だけ。マンズの受け入れ10枚と字牌4枚の合計14枚のうち、五の2枚を先切りしてもロスは少ない、ということでしょうね。

2009年4月18日 (土)

大物手

2009y04m16d_191442802

これもお客さんの手牌で、メンツ手でもチートイツでも、2シャンテンです。「5トイツのチートイツにならないほうが良さそう…」と思って見ていたら絶好牌の赤五ツモ。

2009y04m16d_191452646

2009y04m16d_191503662

最終形は三色こそ無くなったものの、すばらしい3メンチャンのリーチです。

2009y04m16d_191514552

2009y04m16d_191525677

たぬは、立ち見禁止なので、結果は確認できませんでした。

2009年4月17日 (金)

3択

2009y04m16d_174558334

↑たぬのお客さんの手牌です。ドラ入りのチートイツの1シャンテンに、メンツ手にもなる四ツモ。かなり悩んで三切り。その後、裏目のようなそうでも無いような、ドラの中を引いてまた悩んでました↓。

2009y04m16d_175153052

チートイツとメンツ手とドラの3択は、わりと出現頻度が高くて悩む1シャンテンのひとつ。ぼくは三アンコが苦手なので、冒頭の1シャンテンだと四をツモ切りすることが多い。ただし、四アンコなど会心のアガリにつながった記憶はほとんどありません。

ラーメン山岡屋開店

2009y04m16d_030100787

たぬ本店近くに、昔からの友人が経営する、ラーメンの山岡屋が開店。ぼくは株主(1株・ジャスダック)なので、さっそく食べに行きました。美味いし、お客さんもいっぱい入ってて安心しました。「山岡さん、不振店の撤退の基準はどうなってるんですか?」「基本的に撤退はしない方針なので、あまり考えていませんね」さすが大社長。たぬ高円寺店開店のお祝いに、株をプレゼントして貰ったのに、すぐに撤退したぼくは、ちょっと恥ずかしかったです。(プレゼントは別の友人の株主から)

2009年4月16日 (木)

タンヤオ好き

2009y04m16d_000953084

タンピン・三色狙いでテンパイを崩したら、即裏目の(3)引き。フリテンは好きじゃないので、ピンズのノベタンに期待。

2009y04m16d_001041709

その後三を引いて六切りにしたんですが、(2)のほうが良かったかもしれません。

雀聖阿佐田哲也

2009y04m15d_103001421

4月1日発売の近代麻雀には「雀聖阿佐田哲也の輝石」という小冊子が付いています。かつて近代麻雀に寄せた、麻雀哲学や麻雀戦術を牌譜入りで紹介。麻雀の手作りや読み、駆け引きに関する戦術は、今でも当時の阿佐田哲也先生や小島武夫プロが築き上げたものが基本になっているんです。阿佐田哲也先生とタモリさん。

2009年4月15日 (水)

無理なく手役狙い

たぬの女性クルー。「親方、三色は6枚から狙うって、書いてましたよね」「書いてません」6枚もあるのに見逃すのが論外で、できれば5枚・4枚と少ない枚数でも、意識できるのが大事です。

三色とイッツーは9枚の部分役で、6枚と言えば材料は3分の2。イイペイコの6枚役も、中ブクレの4枚(3分の2)で意識。配牌で同じ色と字牌が3分の2ある時も、ホンイツを意識しますよね。

2009y04m14d_172742593

↑イッツーの材料は6枚、2つの三色も6枚なので、どれも見落とさないようにしたい。7ソを引いたら4ソと入れ替え↓。

2009y04m14d_172758796

そこに一を引いたらイッツーも三色も567も材料は同じ7枚。九切りで三色の可能性を残します。

2009y04m14d_172816078

では、一じゃなくて(4)ならどうでしょう↓。

2009y04m14d_172826687

マンズが三色に確定してないので、(7)切りリャンメン残しで、早いテンパイを目指したほうが良さそうです。

ペーソス

2009y04m12d_212624046

「今年こそ紅白だっち」と意気込んでいるペーソスですが、NHKには不似合いな芸風です。以前出演した時は、放送コード上論外な曲と、歌詞を変えないと電波に乗せられない曲ばっかりで、ディレクターが困り果てたそうです。「女ヘン」という歌には「立つ女と書いて妾(メカケ)…」という歌詞が。もしかして、自立する女性という意味?

2009年4月14日 (火)

元の木阿弥

2009y04m11d_061740343

自転車通勤の途中のお医者さん。大藪外科とか。

先に雀頭作り

  2009y04m09d_211551625

新人女性クルーの1シャンテン。中ブクレはシュンツを増やす時の重要な牌組みですが、これだと6メンツできそうですね。↓雀頭作りには、一軒飛びのこんな牌姿が効果的です。

2009y04m09d_2116074682009y04m09d_211655734

雀頭を確定させて8枚待ちでリーチじゃ!

2009年4月13日 (月)

渡辺洋香プロ

2009y04m12d_165330953 

最高位戦の祝賀パーティーの司会をしていたのが、元祖ギャル雀出身の女子プロの渡辺洋香さん。かつて白夜書房「雀王」という麻雀雑誌の「美少女雀士杯」で優勝したのが、麻雀プロになるキッカケになったようです。ギャル雀の元祖「ポリエステル100%」(たぬのライバル店)で働いている時に、最高位戦のプロ試験にトップ合格。その後も「初代女流最高位」をゲットするなど大活躍しています。新宿の禁煙雀荘「フェアリー」を経営する実業家でもあり、もっとも成功している女子プロのひとりだと思います。(写真はフェアリーの広告から)

牌効率エントツ待ち

2009y04m10d_231200859

たぬには女子プロが数人在籍しています。その内の新人女子プロが図の1シャンテン。マンズはリャンメン・カンチャンの基本形を維持。これはピンフではありませんが、ピンフ作りの時に重要なテクニックですね。ここにツモ三↓。

2009y04m10d_231206375

そのままツモ切ってましたが、ここは七切りが良さそう。三六八のエントツ待ちを作って、一四のリャンメンも残します。他に二切りもありますが、やはり七切りが有利だと思います。

2009年4月12日 (日)

水道橋店キャンペーン

Tanutanu12389106353201802

たぬ水道橋店では、4月14日(水)まで5周年記念キャンペーンを開催中。フリーのゲーム券とセットの割引券をプレゼント中です。お待ちしております。 ゲーム券は他店舗でも無期限で使えます。

2009年4月11日 (土)

第1打でアガり逃し

みなさん、こんにチワプー!!
最高位戦日本プロ麻雀協会、村上淳でございます。

あ、チワプーとはチワワとプードルのミックス犬のことでありまして、うちの家族の一員チョコちゃん(四歳、男)の犬種です。

そんなことどーでもいいですよね!!んじゃさっそく今回の成績を。

224314412421
マイナス1000P
(トータルプラス188000P)


今回はかなりやっちゃいました!!とくに半荘3回目、半荘10回目は両方ともとってはいけないラスでした…

こんなことしていてはラス率なんて下がるわけない!!とゆー我慢が足りない放銃が一回ずつありました。反省してます!

…ま、気を取り直して成績をまとめてみますね。2ヶ月たったので。

半荘454回
 トップ141回
 2着129回
 3着104回
 ラス80回

トップ率31.1%
トップ率だけはあまり変わりませんでした。それでも0.1%ダウンです。

連帯率59.5%
0.2%ダウンしました。ここ2ヶ月の麻雀を続けていては二度と60%を超えることはないでしょう…気を引き締めて再び60超えを狙ってみたいと思います。

ラス率17.6%
0.6%上昇!!最悪です…2ヶ月前に「このペースでいけば目標の16.6%に届くかも…」な~んて書いておきながらこの有様……完全にやり直しです。来年の今頃には達成できるよう、コツコツ頑張って行きます!

では今回は半荘一回目、この一打でトップを逃したかも、というミスを反省の意味も込めて書いてみたいと思います。実は1日ひきずってしまったので…

南3局の親番、トップと15000点差の2着目で次の配牌が来ました。

200904111

3着、ラスとはだいぶ離れていたので、ラスに落ちることを考えるよりもトップを取ることを考えていました。

パっと見で何気なく孤立牌の南を切り、よく配牌を見てみると…4トイツでドラの二萬が孤立で一枚、チートイが本線になりそう。すぐに25ソウを引いたらしばらくメンツ手も見ますが…第一打は五萬だったな、と思いました。

「第一打が五萬では裏筋の六九萬が目立ち過ぎるし、赤五萬を引いてチートイのイーシャンテンを逃すのは痛いから、ま、いっか」なーんて一瞬思ったりもしましたが…

「本線はチートイ」なら、最短のメンホンチートイの目は残すべきです。しかも自分はチートイを狙う時にはなるべく決め打つ(メンツ手と両方見ながらでは山にあると思う牌を残しづらいので)タイプなので、わりと早めにチートイに決めたいというのに。

三秒後の心の中は「完全に間違えたな。ひどいことにならなきゃいいけど…」こんなカンジ。

次巡6ソウをツモって結局打五萬、1巡挟んで北をツモり、ここでチートイに決めて七萬を切りました。5巡目に發を持って来て打八萬でこう。

200904112

その後ツモ北、イーシャンテンになってドラの二萬をリリース。

200904113

6ソウ、8ソウ、發は全てション牌ですが、第一打が五萬であれば6ソウの代わりに南が残っているはずです。正直、嫌な予感しかしませんでしたよ!!

そんなわたくしの気持ちをあざわらうかのように、次のツモは南!!チートイのイーシャンテンにフリテンはない(テンパイ時に南を切ればフリテンは解消されます、すなわちフリテンテンパイにはならない)ので、ここで打6ソウとしました。

200904114

ここで思うことは当然「發出るなツモるな!」ですよね。第一打が五萬であれば、間違いなく發タンキのダマテンにしているでしょうから。

麻雀中に「たら、れば」を考えるのは禁物なのですが、この時はずっと「第一打を間違えた!」と思っていただけに、こんなことを考えていました…

そして麻雀とは不思議なもので、すぐにトップの方が發をツモ切るんですよね!!第一打が五萬で手出し6ソウ、8ソウ、では發は切らないかもとか、先に6ソウ切ったら鳴きが入ってテンパイできてないかも、とかいろいろ考えてごまかそうとしましたが…まぁおそらくトップ目の方から12000直撃だったでしょう(>_<)

結果この局はテンパイもできずに流局、オーラスは何事も起きず無事二着で終了しました。何気なく切った親の第一打を1日ずっと後悔することになってしまうとは…麻雀って本当に難しいゲームですよね!

一打たりともおろそかにしてはいけない、と再認識した1日でした。第一打が直接アガり逃しにつながることは少ないはずなんですけどね!!

ではまた来月!!

ノベタン2

2009y04m09d_202157796

2ソ引きで九切りにすれば、実は六九のノベタンよりも、雀頭ができやすい。

2009y04m09d_202205921

2009y04m09d_202212906

※ノベタンとはスジで伸びているタンキ待ちのこと。ノビタンとは言わない。

2009年4月10日 (金)

これもノベタン?

3メンツあるのに、なぜか雀頭ができてないことがある。ノベタンで雀頭を作ってリャンメンでリーチ、あるいはその逆になりそう。

2009y04m06d_094824218

ここに(7)や(2)を引いたら、ぼくはツモ切らずに九を切ってタンヤオにすることが多い。

2009y04m06d_094834203

2009y04m06d_094839421

(4)(7)のどちらでも雀頭になるので、ノベタン並みに扱う。(7)を引けば望外の幸運ですが、(4)でも即リーが多いです。(放銃のリスクあり)

2009y04m06d_094846343

ドラの表示法

200903210538000

ドラはこうやって人差し指でめくるのが普通ですが、全自動配牌卓アルティマは、事前にドラが表示されてヤマが上がってきます。台の中に、人差し指が内臓されているらしい… ごくマレに表示されてないことがありますが、その時は親の自5にしています。

2009年4月 9日 (木)

6つの点差表

オーラス、ぼくがトップ目で2着目との差は2600点。2着目がタンヤオ風にチーポンと仕掛けてテンパイ模様。どちらも子。2000の直撃か1000・2000のツモ、あるいはテンパイ・ノーテンなら逆転です。勝負が長引いて流局寸前に2着目が加カン。1巡おいて「ツモ」の声。まくられた~と思ったら意外にも500・1000。点パネせず新ドラ乗らずで、詰めた点差は2500点。運良くぼくがトップ維持でした。流局のテンパイ・ノーテンに賭ける選択もありますが、放銃による下位転落のリスクを避けたようです。

20符&40符(19・22)(34・40)(65・78)

30符(14・16)(25・30)⇒2倍

50符(80・96)⇒半分 この6つの点差表を暗記しておくと便利です。

オリジナル発売日

2009y04m04d_193447546

「いつもの近代麻雀オリジナルが見つからない」今月から雑誌の版形が変わって、棚差しになっています。

2009年4月 8日 (水)

マンツモ条件

マンツモ条件のオーラス。タンヤオのみをテンパイですが、これだとトップ獲得はリーヅモかつ裏ドラしだい。そのほうが有利だと思ってるんですが、せっかく三色の材料が8枚もあるので、狙ってみました。

2009y04m04d_194515875

2009y04m04d_194523312

2009y04m04d_194536046

マンツモ条件は52直でもOK。トップ目が三四五でチーして四切り。マンズの下はもう要らなさそうに見えたので、高め直撃とツモに期待してダマ。

2009y04m04d_194549484

ここに三をツモ切り。「うっ」次巡ツモ六でのけぞり。「直撃は考えるな」日ごろこんな記事を書いてるんですけどね。

2009年4月 7日 (火)

最高位戦パーティー

西新宿の都庁のそばにある、ヒルトンホテル東京で最高位戦の祝賀パーティーがありました。(来賓挨拶中の健康麻雀の西野理事長)

2009y04m02d_162741687

今年最高位に就任したのは飯田正人プロ。飯田プロの還暦のお祝いも兼ねて会場は大いに盛り上がっておりました。

2009y04m02d_162750734

かつて竹書房主催の最強戦の決勝卓で、ぼくは飯田プロと対局しました。その時は予選の得点の持ち上がり方式で、ぼくは親の国士無双をアガってダントツの持ち点。他の3人が優勝するためには、ぼくを最下位にして、さらに高得点を叩き出さなくてはいけない。それを見事にやってのけたのが飯田正人プロでした。今年の最高位戦もそうですが、(金子正輝プロ圧倒的優位から)飯田プロは大逆転を何回も実現している、最強のプロなんです。

2009年4月 6日 (月)

かっぱがれ麻雀大会

竹書房の麻雀大会に参加。1・2・2・2・4着+50Pと地味な成績でした。写真は決勝戦を戦う五十嵐毅プロ(左・協会代表)と小沢工房さん。

200904041824000

五十嵐プロが逆転できるのは、倍マン直撃というほぼ不可能な条件。

2009y04m01d_190624703

ところが小沢工房さんが序盤に字牌を3フーロ。そちらを警戒していたトップ目から、まさかの高め(5)が出て本当に逆転してしまったんです。

西原さんのFX漫画

2009y04m01d_192425171

たぬ新宿店で、西原さんたちと打った麻雀が、FX漫画に登場してます。別件ですが、はこパラの紹介が1日遅れだったようです。すみません。

2009年4月 5日 (日)

はこパラ

2009y04m01d_015529828

4月4日(土)、オンライン麻雀の天鳳で「はこパラ!マー娘カップ」が開催されます。長時間開催なので、人気女性プロと打てるかもしれませんね。

読み?

2009y03m30d_192624125

もしマンズ待ちなら、六の裏スジで三のマタギになる二五が本命…というのが一般的なようです。たとえばこんな1シャンテン↓。

2009y03m30d_192707468

一見合理的な読みのようですが、マンズがこの牌姿だとう想定すること自体、無理がありそう。他にもたくさんの可能性があるワケだし、マンズが二二三六なら裏スジは無関係ですよね。先に紹介した、リーチ宣言牌のマタギよりも先切り牌のマタギが危険なケースも考えられます。

2009y03m30d_192714359

↑このケースだと、赤の受け入れ+中スジ牌の先切りで六切りがセオリー。もしそうなら20分の12で、六マタギの五八待ちになってしまいます。

2009年4月 4日 (土)

パオ

「さっき白發ポンしてる人がいるのにリーチしたでしょ。あれはダメだよ」新人女性クルーを指導しました。「なぜですか?」「クルーはパオになる可能性があるリーチは禁止だから」「パオって?」「白發とポンしてるところに中もポンさせたら、させた人の責任払いになること」「ふーん、責任のなすりあいのことですね」

流れ派?

2009y03m30d_085642125

タンヤオ・イイペイコ&チートイツの1シャンテンにツモ2ソ。つい3ソを切ってしまったんですが↓、なんか失敗したような…

2009y03m30d_085648140

逆にこの形に3ソを引いたら、2ソ切りで冒頭の牌姿にしそうだし。もしや流れ派なのか?

2009年4月 3日 (金)

無理目2

2009y03m30d_084137687

↑三色は(2)2ソ限定。

2009y03m30d_084144656

↑7ソ切りの後、四を引くと素直な234期待になります。

2009年4月 2日 (木)

無理目の三色

高得点が欲しい時には、たとえ受け入れ枚数を減らしてでも、三色を狙うことがあります。

2009y03m30d_082004078

↑六切りや4ソ切りで、受け入れ枚数を4枚(2割)減らす。

2009y03m30d_082028625

↑リャンメン残しの2ソ切りを拒否。

2009y03m30d_082020265

5ソ切りで、マンズのスジのカブリをあえて残す。イイペイコの裏目と、三色崩れのリスク大。(麻雀で食えより)

水道橋店キャンペーン

2009y03m29d_173007531

たぬ水道橋店では4月14日まで5周年記念キャンペーンを開催中。フリーのゲーム券とセットの割引券をプレゼント中です。お待ちしております。

2009年4月 1日 (水)

ソバテンよりも危険な牌

 一般的に先切り牌の外側(マタギ)は、リーチ宣言牌のソバテン(マタギ)よりも安全だとされてますが、そうでないケースもあります。

2009y03m29d_013251953

↑それが完全1シャンテンの二択のケース。ここから2トイツ・リャンメン残しの20枚受けにすると二切りか2切り。仮に二を切るとこう。

2009y03m29d_013259109

もし一四を先に引けば2切りの14待ち。逆に14を引けば一四待ちでの先切りの二のマタギ。
これにシャボを先に引いてテンパイするケースを入れると、20枚受けの内12枚は、二の先切りの外待ちになってしまうんです。 (近代麻雀の麻雀で食えより)
 
2009y03m29d_013410046

アニメ毎日かあさん

2009y03m24d_160818296

西原理恵子さんの「毎日かあさん」がいよいよ放送開始。長寿番組になりますように。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

最近のトラックバック