« ハンゲ対局終了しました | トップページ | 画家・野村昭嘉さん »

2009年1月 8日 (木)

期待値4/4

麻雀の期待値計算はアガリに関してだけでも、条件があまりにも多すぎてほぼ不可能です。
「アガリ点数×アガリ枚数」は大雑把な判断には役立つと思いますが、期待値そのものではありません。何より、この掛け算をするとアガリ点数よりも数値が大きくなってしまうのが欠点。
それが気になって「8000点×4枚=32000P」「4000点×8枚=32000P」というふうに、単位を点数ではなくPで表記して、データどうしを比べられるようにしてみたんですが、今の常識から見れば、かなりいいかげんですね。
その後ぼくの記事からの引用かどうかは分かりませんが「8000点×4枚は32000点」というふうに点数で表した解説をたくさん見かけるようになりました。原因がもし20年前のぼくの記事にあるのなら、結果的にミスリードしてしまったことを申し訳なく思います。(近代麻雀より)

« ハンゲ対局終了しました | トップページ | 画家・野村昭嘉さん »

親方から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213405/43668759

この記事へのトラックバック一覧です: 期待値4/4:

« ハンゲ対局終了しました | トップページ | 画家・野村昭嘉さん »

最近のトラックバック