« 端牌の牌効率 | トップページ | バカ○ン »

2008年9月30日 (火)

鳴き効率アップ

2008y09m29d_004132437

3から7までの牌は、くっ付いてリャンメンになる牌が2種類ある。2は1枚で、端牌1は本来ゼロですが、図のような1軒飛びの連続形なら隣の牌を引くことによってリャンメンになる。特に鳴いてでもテンパイしたい時は、倍速前進できる牌があるので、単独の3から7までの牌よりわずかに効率がいい。いわゆる食い延ばしですね。ピンズは(7)のくっつきテンパイ+食い延ばしが可能なので、さらに効果的です。

« 端牌の牌効率 | トップページ | バカ○ン »

親方から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213405/42642803

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴き効率アップ:

« 端牌の牌効率 | トップページ | バカ○ン »

最近のトラックバック