« ハンゲ対局 | トップページ | 近代麻雀より »

2008年4月12日 (土)

役牌よりもドラを先に切るケース

みなさん、こにゃにゃちわ!!
高田馬場新たぬへのゲスト出勤も今回で26回目、最高位戦日本プロ麻雀協会理事、村上淳です(^^)v

今年度の最高位戦年間リーグ戦も開幕し、わたくしはAリーグ復帰に向けてB1リーグを戦っております。

16人中上位2人がAリーグへ昇級なんですが、初日を終えてちょいプラスの7位。内容もまずまずでしたし、これから残り半荘44回、1節たりともマイナスしないつもりで臨みたいと思います。そうすれば自然と2位以内には…みなさま、ぜひとも応援よろしくお願いします!

あ、あと先月こちらのブログで宣伝させていただいた本ですが、おかげさまで1冊売れました!!4月のゲストの際にも持って来ますので、欲しい方がいましたらぜひ一声かけてくださいなo(^-^)o

ではでは今回の成績を。

131333334132
プラス6000P

今回は自分なりのベストを尽くせたと思います。1回のラスは仕方なし。トップが3回ともかなり大きなものだったので、トータルでかなりプラスすることができました。

ほんではまた2ヶ月たったのでトータル成績です。

半荘305回
トップ95回、2着90回、3着71回、ラス49回
トータルプラス 170000P

トップ率31.1%
当然のようにどんどん落ちております。半年前までは33%もあったみたいですが…まぁ自分としてはまだまだ高すぎるくらいだと思ってますし、この数字をキープするために無理してトップを取りに行くような打ち方はしないと思います。

連帯率60.7%
ここ2回3着がかなり多かったんでググっと下がりました。こちらもまだまだ下がると思いますが、できれば今年いっぱい60%をキープしたいですね。正直厳しいかな…

ラス率16.1%
ようやく目標を大きく下回りました!!6回に1回ラスを引いて16.6%ですから、今後もラスは6回に1回、1日で12回打ったら2回まで、というペースにしたいと思います。
このラス率だけは集中していれば今年中キープできると思います。とにかく毎半荘集中力を切らさないよう真剣に打たなければなりませんね…

さて今回は「役牌よりもドラを先に切るケース」についてお話します。

半荘10回目、ものすごく平たい点棒状況で迎えた南3局(ラス前)、微差ながら2着目の親番、6巡目にこの形に。

20080412_1

捨て牌にはマンズの下が多く、白も北もション牌、誰も仕掛けてはいません。さて何を切りますか…さすがに3ピン切りは受け入れが少なくなりすぎますから白か北を切りましょう。

自分の打点だけを考えると白切りですが、僕は先に北切り。理由はいろいろありますが…一番の理由は「白ポン」→「北ロン」のパターンだけは避けたかったということ。特に北タンキロンには打ちたくないのです。

もちろん「北ポン」→「白ロン」の可能性もありますが、それはどちらもトイツの場合で、イコールどちらから打っても同じ。しかも北家以外ならバックになるので北ポンしない、という可能性も残ります。いずれにせよ「北ポン」→「白タンキロン」とゆーパターンはほぼないと言えます。

もうひとつ、微差の二着目なので2900でもトップ目。北を重ねてイーシャンテンになるよりも、

20080412_2

白を重ねてイーシャンテンになるほうが白のポンテンもとれていいかな、と考えたからです。まぁこんなことを考えても、次にピンズやソーズを持って来ればすぐに白を切ることになるのですが…

実戦では北は誰にも鳴かれず、次巡のツモがなんと白。3ピンを切って以下の形。

20080412_3_2

そして次巡ツモ3ソウ、当然即リーチ!

20080412_4

マンズの下は誰も持ってなさそう、あっさりツモって2600オールになったのでした。この半荘は次局に倍満の3枚をツモ、さらにハネ満をあがって7万点超えのトップをとったのでした(^^)v

白をすぐ引いたのは偶然ですが、なぜ先にドラを切るのかはわかってもらえたと思います。ちなみにダントツのラス目だったら先に白を切ったと思いますよ。

ではまた来月、第4金曜日に新たぬで!!

« ハンゲ対局 | トップページ | 近代麻雀より »

村上プロが打つ!」カテゴリの記事

コメント

自分だと打牌は
3索 > 北 > 3索 >> 3筒(立直)
で結果的に一手遅れます。

これは子の打ち方なのかな...

村上プロからのお返事です。

-----
リャンシャンテンで3ソウ切りはあまりよくないです。
なぜなら1245ピンの16枚引きでイーシャンテンにならないのはかなりのデメリットだからです。
雀頭候補として3ソウのトイツは大事です。
白や北は残り3枚ずつしかないので、ピンズ引きや、4枚ある二萬を先に引いた時のイーシャンテンを想定し、白か北を切るのがよいと思います。
-----

管理人さん、村上さん、ありがとうございます。

イーシャンテンまでが遠くなっても、アガリが
遠ざからなければよいと思います。
ただ、3索を先切りすると索子3面子(または2面子+1塔子)
の可能性を断ってしまいますね。
やっぱりちょっと遅れそうだから、この牌姿からは
勇気を出して北か白を切るようにします。

(でも、萬子の下が弱そうだったら、やっぱり3索を切るかも…)

2面子+1塔子

2面子+1対子
の間違いです;

最近早い時間にオジサマたちと打つことが多いせいか、
雀風がゆったり型になりつつあるような。まずい。。

お返事ありがとうございます。
相手やルールによってスピード感も変わりますよね。
鳴いてもチップが付くルールの場合、
じっくりやってるとノーホーラになったり。(涙)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213405/40858920

この記事へのトラックバック一覧です: 役牌よりもドラを先に切るケース:

« ハンゲ対局 | トップページ | 近代麻雀より »

最近のトラックバック