« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月25日 (月)

反省すべきミス

みなさん、こんにちわわ!!
25回目の登場となりました、最高位戦Bリーガーの村上淳です!

…そうなんです、とうとうBリーガーなんです(>_<) プロ入り12年目、いまだにビッグタイトルをひとつも奪っていない自分にとって、最高位戦Aリーガーというのは大事な肩書きだったのですが…

だがしかし、そんな落ち目プロの初めての本が出ました!毎日コミュニケーションより、タイトルはずばり「デジタル麻雀の達人」。元最強位の鈴木たろうプロ、スーパーデジタルの異名を持つ小林剛プロとの共著なんですが、良かったらぜひ本屋さんでお買い求めください!!

来月のゲストの際には何冊か持って来ようと思っているので、僕から買ってくれる方は来月新たぬで一声かけてくださいm(__)m 本屋さんで買うよりは少しお安くしますよ(^^)v

と、宣伝はこれくらいにして本日の成績を。

12232313232134
プラス5000P(トータルプラス164000P)

半荘12回目までは自画自賛の素晴らしい内容だったのですが…13回目、14回目は疲れからかちゃんと集中できてなかったです。

特に最後の14回目の半荘には明らかに「あっ!」というミスがあり、それがもろに結果に表れてしまったのでものすごく悔しかったです。今回は反省の意味も込めて、そのミスがどんなものだったのかを紹介したいと思います。

半荘14回目、東4局、東家6巡目にこの牌姿。

20080225_1

トップは東一局に親マンをあがった下家で、振り込んだ上家がラス目。僕は対面と微差の三着目でした。僕はこの手からノータイムで打3ピン。

20080225_2

まあそれほど変な打牌というわけではないのですが…僕は3ピンを切った瞬間、「しまった、一萬を切るべきだった!」と後悔しました。理由はただ一つ、3ピンを雀頭とした理想形になる可能性があるからです。次に一四六七萬、67ピン、56ソウを引けば何の問題もないのですが、五八萬、58ピン、47ソウのリャンメンを引いた場合は3ピンを雀頭に固定した方がいいイーシャンテンになります。

例えば五萬を引いた場合。
先に3ピンを切っていると一萬を切って

20080225_3

この形になります。これでも受け入れ28枚、タンピン含みの立派なイーシャンテンでありますが、次に67ピン、56ソウを引かないとリャンメンのテンパイになりません。先にリャンメンを引いてしまうとタンヤオのみのタンキ待ちになってしまうのです。12枚対16枚ですからわずかにタンキ待ちになってしまう可能性が高いですよね。

しかも先にリャンメンを引いてしまうと、その後単純リャンメン(8枚待ち)でリーチできる可能性はかなり低くなります。対して一萬を先に切って五萬を引いたなら、次の形

20080225_4

僕はこの形ならほぼ打4ピンとします。受け入れはリャンメン2つだけの16枚と、打3ピンの28枚よりもかなり少ないですが、58ピン、47ソウ、どれを引いても即リーチが打てるのが魅力です。先ほどの形と違って、裏目の67ピン、56ソウを引いてもイーシャンテンが少し広くなる、というのもメリットです。

これは昔片山先生がおっしゃっていた、「ピンフシャンテンノーヘッドバッド理論」とゆーやつです!今回はサンショクもあるので、5ピン、7ソウを引けば高めツモ6000オール、余計に3ピンを雀頭にするのが有利です。

…てなわけで一萬を切らなきゃいかんかったな~と思っていたところ、トップ目の下家からリーチが。捨て牌には一萬と2ピンがあります。7巡目の僕のツモは八萬。

20080225_5

当然現物の一萬を切るのですが…先ほど一萬を切っていれば、現物の2ピンを切ってこの形。

20080225_6

次巡、「頼むから67ピン、56ソウを引いてくれ。あるいはリーチが4ピン待ちになってるとか…」と都合のよいことを願いながらツモ山に手を伸ばすと、完全に裏目のツモ5ピン。

20080225_7

5ソウか6ソウを切ればテンパイですが、どちらも通っていない上にこちらはタンヤオのみのタンキ待ち。さすがに現物の2ピンを切ってイーシャンテンに戻しました。

しつこいようですがあの時一萬を切っていれば、

20080225_8

この形で追っかけリーチをかけていたはずなのです。心の中は「7ピンが当たりになってますように…リーチ者がすぐに47ソウをつかみませんように…」。

しかし願いむなしく、リーチ者がすぐ4ソウをツモ切り!あそこで間違えなければ、7ピンがロン牌でない限りメンタンピン一発の12000点をトップ目から直撃していたではありませんか!!

しかしこんなに漫画みたいにうまく裏目るかね~と思いながら次にツモった牌は6ソウ。現物は一枚もないので、5ソウを切って振りテン3メンチャンのテンパイをとると、無情にもリーチ者からロンの声が。ドラの東が雀頭の25ソウ待ち、裏が一枚のって8000点の一枚でした…

この後懸命にラス脱出をはかるも成功せず、この日唯一のラスを自らのミスによって引いてしまったのでした(>_<) あそこで一萬を切っていればトップだったかもしれないと思うと、悔やんでも悔やみきれません…

たった1牌の微妙な切り間違いでここまで結果が変わってしまうなんて、麻雀ってホントに怖いゲームですよね(´ω`) だからこそやりがいがあって面白いんですけどね!!来月からは1牌たりともミスをしないように集中して打ちたいと思います!!

来月も第4金曜日に高田馬場新たぬに来ます。
でわまた(^.^)b

2008年2月22日 (金)

バレンタインデー

先週の木曜日はバレンタインデーでしたhappy01

今年も手作りなチョコレートをお客様へプレゼントheart04

そんななか今回の水道橋では唯一コスプレに挑んだのは…

footこの方foot

080214_203702_2 080214_203701

今回イベント隊長改めコスプレ隊長(?)ことまりは…

ヘルプで本店に飛んでいたために参加はできませんでしたthink

が…水道橋にはメイドさおりんが登場happy02good最高です

またまたいろいろやっていきますのでよろしくですnote

2008年2月14日 (木)

ハッピーバレンタイン!

 こんにちは!

本日はバレンタインですheart04

 みなさん、チョコはゲットしましたか???

新宿店では、ちひろ&あゆみちゃん&竜子さんの3人でチョコ配りしました。

20080214010jpga

  こちらは、「オレかわいい~」

    などと連呼しております竜子さんですvirgo

 

   注:どうかそっとしてあげておいてください!!!

20080214007jpga    

  こちらは、マリリンモンロー気分のあゆみちゃん!

  こんな二人と共に本日通しのちひろですcoldsweats01

     あはは!あはは!

 なんだか貴重なバレンタインになりました!   うふ!?

  今後ともたぬをよろしくおねがいしますgood

2008年2月 9日 (土)

2月14日わ

note来週の木曜日はバレンタインデーですheart04

毎年恒例(?)になりつつるあるチョコレートプレゼントhappy01

今年もやっちゃいますshine

恥ずかしがらずにもらいにきてくださいねweep

お待ちしておりますnote

070212_23230001

↑これわ去年お渡ししたチョコですheart04

まり

新宿店バレンタインイベント!

 こんにちは!

  ご無沙汰しております!2008年たぬブログ初日記です!

新宿のちひろです!

  本日は新宿店バレンタインイベントのお知らせです!

  2月14日開催決定!

200802081642000   ただいまみなさんにお配りする

    チョコレートの詰め合わせで大忙しです!

残ると悲しいのでみなさんぜひ遊びに来てくださいね!

 今回新宿店では

   かわいーい女の子???3人でお待ちしてます!

                               それでは、また!          

2008年2月 3日 (日)

手変わり待ちor即リーチ?

みなさん、こんにちわ!
たぬゲスト24回目、最高位戦Aリーガーの村上淳です!!

実はAリーガーでいられるのはおそらく今月いっぱいまで、1月の選手登録が終われば晴れてBリーガーとなるはずです…(管理人注:この原稿は1月末に執筆されました)

もちろんそんなことはAリーグで最下位だった時から決まっているのですが、いざBリーグの欄に自分の名前があるのを見ると正直落ち込んでしまうでしょうね(>_<)

とはいえ僕の麻雀人生はまだまだ続きます。気を取り直して、前だけ見て歩いて行きたいと思っています。今年も応援よろしくお願いしますm(__)m

それではさっそく2008年一発目の成績を。

3214231323311213
プラス9000P(トータルプラス159000P)

先月、半荘7回という最少記録だった反動か、半荘16回という最多記録!初の木曜日ということで金曜日よりもお客様が少なく、続けて打つことが多かったような気がします。

さすがに10回以上となると集中力も落ちて来ますが、この日は体調もよく、最後の最後までわりと場がよく見えていたように思います。

半荘四回目に引いたこの日唯一のラスもかなり避けられないものでしたし、全体的にかなり満足な成績でした。

では2ヶ月たったのでトータル成績を。

半荘279回
トップ89回、2着84回、3着59回、ラス47回

トップ率31.9%
最初の頃にお話していた通り、どんどん急降下しております。4ヶ月前には33%あったトップ率もあっと言う間に32%を割りました。まぁこれでも高いと思っているくらいですから、どんどん落ちて当然なんですけどね。

連帯率62.0%
当然下がりました。こちらも最近下がってなかったのが不思議なくらいです。今年はどこまで下がることやら…

ラス率16.8%
だいぶ下がりました!今年の目標も去年に引き続きラス率を下げることなのでかなり嬉しいです。目標は16.6%ですから、とりあえずあと3回ラスをひかなければ目標達成です!

ただし一瞬目標に達してまたすぐに戻ってしまうようでは意味がないので、しばらくラスをひかないように集中したいと思います。もちろんつねにトップ狙いで打ちつつですよ!新たぬのルールではより多くのトップを取ることが勝ちにつながるのは間違いないですから…

さて、今回はかなり早い巡目にテンパイした場合、どの程度までは即リーチした方がいいのか、というお話です。半荘二回目、オーラス、ラス目の親番でこんな手が来ました。

20080203_1

3着とは1000点差、2着とは15000点差、トップとは26000点差くらいのラス目です。正直、大チャンスです。この後6ソウでも引いて、リーチで3ソウ一発ツモなら8000オール、一撃でトップまであります。

2600オールではどうせ2着にもなれませんし、待ちが不満なのでとりあえずダマテンに…という手ももちろんあります。だがしかし僕のおすすめは即リーチ。待ちは25ピンでも69ピンでも6枚ですが、ピンフがあるので69ピンでリーチですね。

正直、この7899という形(片山先生は自らの作品の中で「亜リャンメン」と表現しておられました)が好きな人はいないと思います。僕も別に好きなわけではないです。

だがしかし4巡目で河に情報がなく、形的には手変わりしても6枚待ち。僕としては1巡でも早くリーチした方がいいと思うんですよ。あんまし格好よくはないですけど…

ツモあがるために待ちは多ければ多いほどいいに決まってますが、巡目も早ければ早いほうがいい、つまりリーチ後のツモのチャンスは一回でも増やした方がいい、という感覚が大事かな、と思うんです。

これは親方がよく言っている「2ステップは信用するな」に近いかもしれませんね。「手変わりする牌を持ってくる」→「リーチしてその待ちをツモる」という二段階は「そのままリーチしてツモる」と比べて、みなさんが思っているよりかなり確率が低いと。

この手の場合、手変わり後に待ち牌が増えることも少ないですから、なおさらですね。手変わりを待っている間にツモって1300オール、というのが僕としてはかなりもったいないと思うのです…

ちなみにこの時は4巡目に即リーチ、一発でツモって4000オール2枚とできすぎでした(;^_^A

ダマにしていたら1300オール、一本場で3着のかたにまくられてラスだったかも!?ラスから2着になれたので相当嬉しかったです!でわまた来月!!

2008年2月 2日 (土)

続いてハンゲ対局

2008y02m02d_003023508

こんにちわ。親方こと山崎一夫です。

2月8日(金)夜21時から2時間ほど、神崎はつみさんといっしょにハンゲームで遊んでいます。

HI半荘の交流広場、割れ目なしのクイタンあり、ロビー番号は当日お知らせ。部屋名は「たぬ御殿」です。

検索はハンドルネーム「おやかたの」で。希望者が多い場合は1回交代でお願いします。お待ちしております。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

最近のトラックバック